ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

ネットワーク関連製品

生産現場とITシステムを融合するオープン統合ネットワーク CC-Link IE TSN

CC-Link IE TSNとは

生産現場とITシステムを融合するオープン統合ネットワーク

TSN*1技術の活用と通信プロトコルの刷新により、生産現場の様々な機器からリアルタイムにデータを収集し、新たな付加価値を創出するITシステムへ、シームレスな通信を実現するネットワーク「CC-Link IE TSN」

CC-Link IE TSNは、サイクリック通信でリアルタイム性を保証した制御を実施しながら、ITシステムとの情報通信が混在可能なネットワークです。多様な機器を用いた柔軟なシステム構築が可能で、優れたメンテナンス機能を備えているため、工場全体のIIoTインフラ構築に最適です。

*1)TSN: Time Sensitive Networking

TSN(Time Sensitive Networking)とは?

TSNは、複数の国際標準規格で構成されており、主なものに時刻同期方式や時分割方式を規定した規格があります。これらがEthernetの技術に加わることで、従来のEthernet通信ではできなかった制御通信(リアルタイム性の確保)と情報通信(非リアルタイム通信)の混在が可能になります。

TSN Technology

TSN技術を活用した特長を左記のマークで示しています。

CC-Link IE TSNとは

CC-Link IE TSNとは

CC-Link IEフィールドネットワークの診断容易性、
CC-Link IEコントローラネットワークの大容量通信、SSCNETの高性能モーション制御に代表される特長を継承し、刷新したプロトコルとTSN技術を採用した新たな産業用オープンネットワークCC-Link IE TSN。CC-Link IE TSNは、TSN技術を採用することで、よりオープンな産業用ネットワークとすると共に、効率的なプロトコルにより従来ネットワークが有する性能・機能をさらに強化しました。

Performance

今日の生産現場では、生産性と品質の向上が求められているため、高速で安定した制御を実施しながら、ITシステムへ大容量のデータを送信して、AIや予知保全に活用できるネットワークが不可欠です。CC-Link IE TSNは、プロトコルの刷新により通信性能を大幅に向上した高速I/O制御、高精度モーション制御が可能です。またTSN技術の採用により、ITシステムとの大容量データ通信が可能です。

Intelligence

産業用ネットワークではトータルコスト削減のため、システムの簡単な構築やメンテナンスができるインテリジェントなネットワークが必要とされています。CC-Link IE TSNは、ネットワーク構成図の自動生成や、ネットワークパラメータの自動配信など様々な便利な機能に対応しており、システムの開発コストやメンテナンスコストを大幅に削減できます。

Connectivity

より高度なものづくり実現のためには、リアルタイム性を確保しながら様々な機器と接続できるネットワークが必要です。CC-Link IE TSNは、制御通信のリアルタイム性に影響を与えることなく汎用Ethernet通信を混在可能なため、汎用Ethernet機器を活用したシステム構築ができます。また、様々なトポロジーに対応したネットワークの構築が可能なため、柔軟なIIoTシステムを構築できます。