ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

MELSEC iQ-Rシリーズ

C言語コントローラユニット

C言語コントローラユニットは、デュアルコアARM®ベースで開発され、複数プログラムの同時実行が可能なCPUユニットです。
また、堅牢性と定時性を兼ね備えたC言語コントローラは、パソコン/マイコンに代わるプラットフォームとして活躍します。さらに、C言語コントローラのファンレス構造は、塵埃を巻き上げることがなく、マイクロチップ工場のようなクリーン環境での使用に最適です。高性能・フレキシブル・堅牢といったMELSEC iQ-Rシリーズの優れた特長を活かし、様々な産業用途のオートメーションシステムを実現します。

3つのツールで簡単導入

C言語コントローラには、各種ドライバが組み込まれたリアルタイムOSがインストール済みです。ドライバの開発や新たなOSのインストールが不要、専用関数で各種ユニットに簡単アクセスできるため、導入が簡単で開発コストも抑えられます。CW Workbench(プログラミングソフトウェア)、CW Configurator(設定・モニタツール)、そしてCW-Sim(VxWorks®のシミュレータ)の3つのツールで、C言語プログラムの開発を強力にサポートします。

マイクロプロセッサを意識しない簡単プログラミングを実現

C言語コントローラユニット専用関数(CCPU関数)、MELSEC通信関数(MD関数)を使用することで、C言語コントローラユニット、I/Oユニット、インテリジェント機能ユニット、ネットワークユニット、シーケンサCPUやモーションCPUへのアクセスなど、シーケンサ機器を扱うアプリケーションを作成できます。

CW Configuratorによるパラメータ設定・診断・モニタ

C言語コントローラユニットをはじめとする、MELSEC iQ-R/Qシリーズの各種ユニット*1(ネットワークユニット、インテリジェント機能ユニット、入出力ユニットなど)のパラメータ設定・診断・モニタ・テストを、CW Configuratorを使って簡単に行えます。また、CW Configuratorは、MELSEC iQ-R用プログラミングソフトウェアGX Works3と同様の操作性で使用できます。

*1. 対応機種については、各製品のマニュアルを参照ください。


手軽にアプリケーションを開発

ドライバの新規開発が不要で、本格的な組込みシステム開発環境をお求めやすい価格でご提供しています。CW Workbenchを使ってC/C++言語でのプログラミング、そしてCW-SimやCW-Sim Standaloneを使ってハードウェアなしでのVxWorks®のシミュレーションを行えます。

C言語コントローラユニット性能仕様

項目 R12CCPU-V
ハードウェア
エンディアン形式 リトルエンディアン
MPU ARM® Cortex-A9 Dual Core
ワークRAM 256MB
ROM 16MB
バックアップRAM 4MB
ソフトウェア仕様
OS VxWorks® Version 6.9
プログラム言語 C言語(C/C++)
プログラム開発環境 CW Workbench/Wind River Workbench3.3
C言語コントローラユニット用設定・モニタツール CW Configurator(SW1DND-RCCPU)
周辺機器接続ポート
USB
Ethernet 2CH(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)
RS-232 1CH(9600~115200 bps)
SDメモリカードスロット