ここから本文

Factory Automation

 

MELSEC iQ-Rシリーズ

C言語インテリジェント機能ユニット

C言語インテリジェント機能ユニットは、シーケンサCPUと連携して機能拡張、IoT化を実現できるユニットです。シーケンサCPUで制御処理、C言語インテリジェント機能ユニットで情報処理を行うことで、シーケンサCPU単体では困難だった演算性能・機能を実現できます。複数のOSに対応しており、様々なアプリケーション開発が可能なLinux®や高精度のデータ分析が可能なVxWorks®を動作できます。複雑な演算やプロトコル変換など、お客様のシステムに合わせた機能を実装できます。


複雑な演算処理をC/C++で補助

I/O制御は簡単に構築できるラダープログラムですが、複雑な技術計算や文字列を扱う処理をプログラムするのは、多大な開発工数がかかり、メンテナンスも大変でした。C言語インテリジェント機能ユニットを使えば、ラダープログラムより直接C/C++プログラムの実行や、双方向への割込み処理などが実現できます。複雑なラダープログラム作成をC/C++で補助することもでき、プログラム全体の容量を減らしつつ、より複雑なプログラムが簡単に作り込めます。また、機密性を図りたいラダープログラムの処理部分にC言語インテリジェント機能ユニットを使うことで、独自技術の流出も防げます。


手軽にアプリケーションを開発

CW Workbench*1を使ってC/C++言語でのプログラミング、そしてCW-SimやCW-Sim Standaloneを使ってハードウェアなしでのVxWorks®のシミュレーションを行えます。

*1. 各ソフトウェアの詳細は「C言語コントローラユニット性能仕様」をご参照ください。

C言語インテリジェント機能ユニット性能仕様

LD:C/C++

項目 RD55UP06-V RD55UP12-V
ハードウェア
MPU Arm® Cortex®-A9 Dual Core
ワークRAM 128MB 1GB
ROM 12MB
ソフトウェア仕様
OS VxWorks® Version 6.9(出荷時組込み済み)/ Debian GNU/Linux
プログラム言語 C/C++
プログラム開発環境 CW Workbench/Wind River® Workbench 3.3/TimeStorm®/Visual Studio®
設定・モニタツール GX Works3(SW1DND-GXW3-J)*2
周辺機器接続ポート
Ethernet(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T) 1CH 2CH
SDメモリカードスロット
機能
ファームウェアアップデート機能*3
*2. ユニットの設定・モニタは、エンジニアリングソフトウェアGX Works3から行えます。
*3. 詳細はマニュアルをご参照ください。