ここから本文

 

Factory Automation

印刷用ページ

文字サイズ変更
 

組込み型サーボシステムコントローラ

SWM-G

コンセプト

幅広い軸数のシステムに対応

  • ●16軸版から128軸版までの幅広いラインアップで、大小様々な規模の製造装置での多軸同期制御を支援
  • ●お客様が選定されたIPCのCPUコアをSWM-Gに割り振ることで、Windows®側の動作状況に関わらず、高速なリアルタイム制御が可能

装置設計・立上げ時間の短縮

  • ●統合テストツールSWM-G Operating Stationにより、設計から検証までを実施し、TCO削減に貢献
  • ●CC-Link IE TSNネットワーク管理ツールCC-Link IE TSN Configuratorにより、ネットワーク構成の設定や通信状態の確認を実施し、設計工数の削減に貢献

MELIPC連携による保全ソリューション

MELIPCをIPCに選定することで、Edgecross対応ソフトウェアを活用した保全ソリューションを実現
[予知保全・予防保全]
  • ●モーションソフトウェアの通信APIを使用して、機械診断機能などのMR-J5-Gのデータを収集可能
  • ●Edgecross対応ソフトウェアのリアルタイムデータアナライザを搭載したIPC上でデータ解析可能
[事後保全]
  • ●MR-J5-GのドライブレコーダデータをIP通信で取得し、トラブルシュート時間を短縮

特長

モーションソフトウェアは、パソコン環境にモーションソフトウェアをインストールするだけで、モーション制御、ネットワーク制御が可能です。

  • ●同梱しているReal Time OS (RTX64) でパソコンをリアルタイム拡張して、CC-Link IE TSNに対応した駆動制御システムに適用できます。
  • ●モーション制御に必要なAPIライブラリを使用して、位置決め、同期、カム、速度、トルクなどのモーション制御が様々な装置に適用できます。
  • ●ネットワーク制御を用いて、リモートI/Oなどのスレーブ機器やIP通信対応機器を接続して設定できます。
CC-Link IE TSN

モーションソフトウェア*1

SWM-G NEW

  • ●最大制御軸数:128軸
  • ●最小演算周期*2:125 [μs]
  • ●プログラミング:Visual C++®

モーションソフトウェア用USBキー NEW

MR-SWMG16-U:16軸、MR-SWMG32-U:32軸
MR-SWMG64-U:64軸、MR-SWMG128-U:128軸

  • *1. SWM-G Engine、SWM-G API、ネットワークAPI、SWM-G Operating Station、CC-Link IE TSN Configurator、Real Time OS (RTX64) は、モーションソフトウェアに同梱しています。
  • *2. 最小演算周期は制御軸数、パソコンの性能により異なります。

豊富なモーション制御

位置決め制御

直線補間
円弧補間
連続軌跡制御 (パス補間)
ヘリカル補間
ジャーク加減速方式

装置が揺れないようにゆっくり加速し、加速中はジャークを保持、一定速度に移る場合、ジャークを戻します。上手にジャーク調整をすれば、なめらかな加速を実現しつつ、目的速度までの時間も短縮することができます。速度はS字波形になります。

トリガードモーション

トリガ条件になるまで実行を遅らせる機能です。
軸2は通常運転、直後に軸1はトリガードモーション指令にします。
軸2運転途中にトリガをONすると、軸1は運転を開始します。
コントローラで自動的に軸起動をするため、搬送装置などでタクトタイム短縮が図れます。

同期制御 (並列駆動)

マスタ軸の指令位置にあわせて、スレーブ軸を同じ量だけ移動する並列駆動ができます。

ガントリ原点復帰

ガントリ原点復帰は、マスタ軸、スレーブ軸のドグを通過後、マスタ軸のZ相で停止します。
1度に2軸以上の原点復帰が可能になり、ガントリ機構にも対応できます。

多彩な機能

ホットコネクト (切断/再接続)

システムの通信停止の要求なしで動作中に、トポロジを変更するための機能です。
APIライブラリを使用して、ネットワークの切断/再接続ができます。

サーボデータのモニタリング

CC-Link IE TSN経由でサーボアンプの状態を取得できます。
サーボアンプMR-J5-Gの機械診断情報やエンコーダ内気温度などの情報を取得でき、装置の状態を見える化できます。

位置同期出力 (カムスイッチ)

特定の条件が満たされたとき出力信号をONします。
リミットスイッチの代用ができます。

タッチプローブ (マーク検出)

タッチプローブ信号が入力されたときに、サーボモータの現在値を読み出すことができます。
ソフトウェアタッチプローブ、ハードウェアタッチプローブがあり、用途により使い分けできます。

ピッチ誤差補正

軸の等間隔の指令位置で設定した量を補正します。
ボールネジの補正ができ、精度が向上します。

バックラッシュ補正

軸が移動方向を変えるときに、設定した量を補正します。
ボールネジのガタを補正でき、装置の精度が向上します。

加減速方式

台形、S字曲線、ジャーク比、ジャーク、パラボリック、サイン曲線、加速時間指定台形など24種類の加減速があります。用途に合わせて加減速方式を選択できます。

統合テストツール SWM-G Operating Station

アプリケーション開発に必要なパラメータの設定、JOG 運転やインチング、位置決め運転等のテスト運転を行うことができます。
また、各軸の状態やサンプリング波形の表示機能により、起動タイミングや運転パターンの検証に活用できます。

CC-Link IE TSN Configurator
(CC-Link IE TSNネットワーク)
  • ●MR-J5-Gとの通信設定 (通信周期)
  • ●通信状態確認
CC-Link IE TSN Configurator
SWM-G Operating Station
(モーション設定・モニタツール)
  • ●軸パラメータ設定、軸モニタ
  • ●テスト運転 (サーボON、JOG、PTPなど)
SWM-G Operating Station

CC-Link IE TSN対応機器の設定

1本のCC-Link IE TSNの通信で、ネットワークの設定、およびサーボアンプ等の機器が設定できます。

[CC-Link IE TSN Configurator]

CC-Link IE TSNネットワーク管理ツールCC-Link IE TSN Configuratorにより、ネットワーク構成の設定や通信状態の確認が可能です。

  • ●ネットワーク構成を容易に設定
  • ●システムステータスや通信状態などの確認
[MR Configurator2*1]

CC-Link IE TSNのIP通信混在機能により、多軸システムでも簡単にサーボアンプの設定や調整が可能です。

  • ●MR-J5-Gに対応
  • ●多軸接続により多軸システムを1つのプロジェクトで管理
  • ●機械診断機能を専用画面にて容易に設定
  • *1. MR Configurator2はモーションソフトウェアに同梱されていません。

生産現場とITシステムを融合するオープン統合ネットワークCC-Link IE TSN

CC-Link IE TSNは、サイクリック通信でリアルタイム性を保証した制御を実施しながら、ITシステムとの情報通信が混在可能なネットワークです。
多様な機器を用いたフレキシブルなシステム構築が可能で、優れたメンテナンス機能を備えているため、工場全体のIIoTインフラ構築に最適なネットワークです。

  • *TSN: Time Sensitive Networking
  • *IIoT: Industrial Internet of Things
オープン統合ネットワークCC-Link IE TSN

CC-Link IE TSNの詳細はこちら

サーボアンプMR-J5(W)-G

サーボアンプ MR-J5シリーズ
速度周波数応答 3.5kHz/指令通信周期 31.25μs/業界最高レベル

サーボアンプMELSERVO-J5シリーズは独自の制御エンジンを更に進化させた業界最高レベルの高性能サーボアンプです。
CC-Link IE TSNと接続でき、高速・高精度なモーション制御が可能です。多軸一体サーボアンプは1ユニットでサーボモータ2~3台を駆動でき、省スペース、省配線、低コストを実現できます。

MELSERVO-J5の詳細はこちら

仕様一覧

  モーションソフトウェア
SWM-G
モーションソフトウェア用
USBキー (ライセンス)
MR-SWMG16-U MR-SWMG32-U MR-SWMG64-U MR-SWMG128-U
最大制御軸数 16軸 32軸 64軸 128軸
通信周期 (演算周期設定) [μs] 125,250,500,1000,2000,4000,8000
ネットワーク CC-Link IE TSN
CC-Link IE TSN認証 Class B
通信仕様 ホットコネクト,SDO通信,IP通信混在
開発環境 ・Microsoft® Visual Studio® 2017,2019
・APIライブラリ対応言語:C/C++,.NET (C#,VB.NET,etc)
機能 制御方式 位置,速度,トルク
位置決め 最大128軸同時 (絶対値指令,相対値指令) オーバライド (可能)
加減速処理 台形,S字曲線,ジャーク比,パラボリック,サイン,加速時間台形 (計24種類)
補間 2~4軸直線補間,2軸円弧補間,3軸円弧補間,3軸ヘリカル補間,PVT
連続軌跡 直線と円弧の組合せ,スプライン補間,先読み速度自動制御,回転ステージを伴う直線/円弧連続軌跡
JOG運転 あり
リアルタイム制御 イベント,トリガードモーション,位置同期出力
同期制御 単純同期,同期ギア比,同期位相オフセット,同期補正,同期の動的確立/解除,
複数組 (最大64組) の1軸対多軸同期 (同期グループ)
電子カム 8系統のカム曲線を定義可能,通信周期ごとのカム曲線,位相操作,クラッチ
原点復帰※1 Z相,原点センサ,リミットセンサ,リミット近傍センサ,外部入力信号,
メカエンド等,ガントリ軸の原点復帰
I/Oサイズ 入力8000バイト,出力8000バイト
補正機能 バックラッシュ,ピッチ誤差,平面ひずみ (真直度)
補助機能 タッチプローブ,ロギング

※1:サーボアンプの原点復帰モードには対応していません。

ページトップに戻る