ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

MELSEC iQ-Rシリーズ

CC-Link IE フィールドの詳細はこちら

CC-Link IEフィールドネットワーク

All-in-Oneネットワーク

一つのネットワークでつながる
CC-Link IE フィールドネットワーク

CC-Link IE フィールドネットワークは、モーション制御に必要な同期性とEthernetの汎用性を両立させたネットワークです。
一つのネットワークで、サーボアンプ、I/O、高速カウンタなど様々なフィールド機器を自由に接続できます。
CC-Link IE フィールドネットワークを採用することにより、柔軟性のあるサーボシステムを構築することができ、更なるグレードアップを可能とします。

All-in-Oneエンジニアリングソフトウェア

一つのエンジニアリングソフトウェアで簡単に設定、診断

エンジニアリングソフトウェアは、多彩な新機能と技術を備えた、簡単で使いやすいツールになっています。
ファンクションブロック(FB)などのシーケンスプログラムの作成はもちろん、シンプルモーションユニットのパラメータ設定からサーボ調整、デバッグまで様々なシーンを一つのエンジニアリングソフトウェアのみで対応できます。

サーボ制御に同期した入出力

サーボ指令通信周期にあわせて、同期エンコーダ値、シートの張力値、印字データなど様々な入出力ができるため、モーション制御の幅が広がります。

【サーボアンプ指令通信周期に同期した入出力例】

柔軟なネットワーク配線

スイッチングハブを接続することにより、スター型、ライン型、スター・ライン型混在のネットワークを構築できます。
スイッチングハブの空きポートにケーブルをつなぐだけでの簡単配線で、より自由にフィールド機器を設置できます。

CC-Link IEフィールドネットワーク対応 サーボアンプMR-J4-GF

  • MR-J4シリーズの強力な制御機能を継承し、CC-Link IEフィールドネットワークに標準対応。
  • シンプルモーションユニットRD77GFとの組合せで、高度な同期制御・補間制御が可能。
  • 複数軸の位置決め、同期制御など高度なモーション制御が可能な「モーションモード」と、1軸での位置決めに対応する「I/Oモード」があり、用途により使い分けができます。

※1:ソフトウェアバージョンA4以降のMR-J4-GFでCC-Link IEフィールドネットワークBasicに対応しています。

μsecオーダの同期制御に追従。高精度位置決め用途に。

シンプルモーションユニット+モーションモード

複数軸の補間制御、同期制御、速度・トルク制御など高精度で幅広いモーション制御を必要とする装置に適しています。

  • [シンプルモーションユニット]
  • [モーションモード軸]

モーション制御と位置決め制御の組合せに、オールマイティ。

シンプルモーションユニット+モーションモード+I/Oモード

複数軸の補間制御、同期制御、速度・トルク制御など高精度で幅広いモーション制御を必要とする装置に、1軸位置決めができる軸を簡単に追加できます。

  • [シンプルモーションユニット]
  • [モーションモード軸]
  • [I/Oモード軸]

位置決め制御の幅広い用途に対応。

CC Link IE 内蔵CPU+I/Oモード

CC-Link IE 内蔵CPUなどのマスタ局に1軸位置決めができる軸をシンプルモーションユニットを使わずに簡単接続できます。

  • [CC-Link IE内蔵CPU]
  • [I/Oモード軸]

CC-Link IEフィールドネットワークマスタ局

CC-Link IE フィールドネットワークマスタ・ローカルユニット相当のリンクデバイス、マスタ局としての機能を搭載しています。※1
モーション制御だけでなく、ネットワークのマスタとしても使用できるため、システム構築のコストを抑えられます。

※1:サブマスタ局の機能には対応していません。

■1ネットワークあたりの最大リンク点数

項目 RD77GF マスタユニット
リモート入力(RX), リモート出力(RY) 各16k点(16384点, 2kバイト) 各16k点(16384点, 2kバイト)
リモートレジスタ(RWw, RWr) 各8k点(8192点, 16kバイト) 各8k点(8192点, 16kバイト)

機能安全

カテゴリ 4 PL e, SIL3に対応

MR-D30機能安全ユニットへの配線※1

MR-D30機能安全ユニットに安全入力信号を配線することで、カテゴリ 4 PL e, SIL 3に対応します。
MR-D30側で安全監視機能を実施するため、上位コントローラに依存することなく、安全監視機能を拡張することが可能です。
安全監視機能の実現もパラメータで簡単に設定できます。


CC-Link IEフィールドネットワークによる配線※1

安全CPUとシンプルモーションユニットを使用して、CC-Link IEフィールドネットワーク経由で安全信号を監視できます。
安全CPUは安全リモートI/O経由で取り込んだ安全信号をチェックし、サーボアンプに安全信号(STOなど)を出力します。
CC-Link IEフィールドネットワーク経由で安全信号が出力できるため、各軸の機能安全ユニットへの安全信号の配線が不要になります。


設定・診断機能

事務所や現場のどこからでもパラメータ設定、フィールド機器の情報収集をすることができます。

パラメータの簡単設定
CC-Link IE フィールド構成画面で各機器をドラッグ&ドロップすると、パラメータを簡単設定できます。

ネットワークの簡単診断
エンジニアリングソフトウェアでネットワークの異常個所がひと目でわかります。トラブル発生時に異常個所をすぐに特定できるので、ダウンタイムを短縮できます。

モーション制御

位置決め、速度・トルク、カム、同期などの幅広い制御により、X-Yテーブル、包装機、コンバーティングなど様々な機械に対応できます。
機械に最適な制御や機能を選択することで、最適なソリューションを実現できます。

位置決め制御(補間機能、軌跡制御)

シーケンスプログラムからポイントテーブル方式の位置決めデータを始動することにより、簡単に位置決め制御が可能です。


  • 直線補間、2軸円弧補間、定寸送り、および連続軌跡など、豊富な制御で様々な用途に対応できます。
  • 位置決めアドレス、速度などをシーケンスプログラムから設定して手軽に自動運転ができます。
  • Mコード、スキップ、速度変更、目標位置変更などの充実した補助機能を装備しています。

アドバンスト同期制御

ギア、シャフト、クラッチ、変速機、カムなどの機械機構をソフトウェアに置き換えた同期制御に加え、カム自動生成機能によりカム生成を簡単に実現できます。軸ごとに同期制御の始動、停止ができ、同期制御軸と位置決め制御軸の混在が可能です。

※1:シリアルABS同期エンコーダを使用する場合は、MR-J4-GF-RJが必要です。

PLCopen® Motion Control FB

モーション制御の実行にはシンプルモーションユニットや位置決め内蔵サーボアンプを使用しますが、機器にあわせたプログラミングが必要となります。そのため、各機器の使用方法やプログラミングを理解する必要があり、設計時間やコストがかかります。 PLCopen® Motion Control FBはインタフェースを標準化しているため、以下のメリットがあります。

  • プログラミングの負担を軽減でき、時間とコストを抑えられます。
  • プログラム作成者以外でもプログラムを理解でき、メンテナンス時間の削減につながります。

国際規格 IEC 61131-3 に適合

エンジニアリングソフトウェアの国際規格 IEC 61131-3 に適合し、部品化・構造化プログラミングに対応しています。ST、ラダーなどのプログラミング言語をお使いいただけます。
モーションモード、I/Oモードに関係なく同じインタフェースでファンクションブロック(FB)を含むシーケンスプログラムを作成できます。


機能一覧

クリックで機能詳細が表示されます。
  シンプルモーションユニット
RD77GF32 RD77GF16 RD77GF8 RD77GF4
最大制御軸数 32軸 16軸 8軸4軸
演算周期[ms] 0.5/1.0/2.0/4.0
サーボアンプ接続方式 CC-Link IEフィールドネットワーク (1 Gbps)
最大接続距離[m] 100
接続サーボアンプ MR-J4-GF,MR-J4-GF-RJ詳細はこちら
制御方式 位置制御,速度制御,軌跡制御 (直線,円弧),速度・トルク制御
速度・位置切換え制御,位置・速度切換え制御
位置決め制御 位置制御,速度制御,直線補間 (最大4軸),円弧補間 (2軸),ヘリカル補間 (3軸),定寸送り,
連続軌跡制御,速度・位置切換え制御,位置・速度切換え制御,現在値変更,ループ制御
加減速処理 台形加減速,S字加減速
位置決めデータ数 600データ (位置決めデータNo.1~600)/軸
(全てバッファメモリから設定が可能)
原点復帰機能 ドライバ原点復帰※1
手動制御 JOG運転,手動パルサ運転,インチング運転
拡張制御速度・トルク制御,アドバンスト同期制御
補助機能 緊急停止,ハードウェアストロークリミット,ソフトウェアストロークリミット,Mコード出力
絶対位置システム, 目標位置変更,速度変更,トルク変更,
デジタルオシロ,カム自動生成
共通機能 アンプなし運転,マーク検出,イベント履歴,サーボサイクリック伝送
サーボトランジェント伝送,サーボパラメータ変更
エンジニアリング環境 MELSOFT GX Works3
入出力占有点数 64点
(I/O割付:インテリジェント機能ユニット64点)
32点(I/O割付:インテリジェント機能ユニット32点)
DC5V内部消費電流[A] 1.1
質量[kg] 0.23

※1:ドライバ(サーボアンプ)に設定された原点復帰方式を使用します。