ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

製品特長

パウダクラッチ・ブレーキ

三菱パウダクラッチ・ブレーキはトルクの伝達にパウダ(磁性鉄粉)を使用するもので流体クラッチのなめらかさ、摩擦板式クラッチの連結時の高能率などの長所を兼ね備えています。
紙、糸、電線、各種シート、テープ類などの長尺物の巻取り・巻出し用アクチュエータとして張力制御に欠かせないものとなっています。そのほか、緩衝起動用、動力吸収用あるいは過負荷安全装置(トルクリミッタ)などにも適しています。

■ パウダクラッチ

■ パウダブレーキ

1.広範囲の制御が容易
励磁電流の変化に対応して伝達トルクが連続的に変化しますので、伝達トルクは広範囲にわたって簡単に制御できます。

2.連続スリップ運転が可能
パウダを使用することにより、動作面は連続スリップが可能であり、またスリップ回転速度に関係なく常に安定した伝達トルクが得られます。

3.安定したトルクが得られる
動作面形状、パウダ漏れ防止構造などにより常にパウダの分布は均一に保たれ、電流のON/OFFを繰り返しても安定したトルクが再現できます。

4.熱容量が大きい
耐熱性にすぐれたパウダを使用し理想的な冷却構造をしておりますので過酷な連続スリップ運転でも使用できます。

5.スムーズな連結・駆動が可能
静摩擦係数と動摩擦係数はほぼ等しいため、完全連結時のショックもなく、負荷に応じた加減速度が得られます。