ここから本文

 

Factory Automation

印刷用ページ

文字サイズ変更
 

Edgecross対応ソフトウェア

Edgecross対応ソフトウェア
Edgecross対応ソフトウェア
データの収集・活用により一歩先のものづくりを指向します。
スマート工場実現には、生産現場データのリアルタイムな活用や、ITシステムとの効率的な連携が必要。
生産現場とITシステムの間で情報を一次処理する「エッジコンピューティング」が支援します。
生産現場を中心としたバリューチェーンの最適化には、エッジコンピューティングの活用が重要
エッジコンピューティングによる自律分散システムへ

クラウド・ITシステムにあげる生産現場データを、一次処理することで、通信量の低減やセキュリティを確保

生産現場に近い場所でデータの分析、フィードバックをリアルタイムに行うことで設備保全などの業務を効率化

当社のFAとITの技術を活用した製造業におけるトータルソリューション
Edgecrosssを活用したe-F@ctoryにより、製造現場のあらゆる工程の改善を促進
FAとITを協調させる日本発のエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォーム

「Edgecross」は、企業・産業の枠を超え、FAとITの協調を実現するエッジコンピューティング領域のオープンなソフトウェアプラットフォームです。
アプリケーションベンダや機器メーカーに依存しない、自由で柔軟なエコシステムを構築できます。

[Edgecrossの特長]

  • エッジコンピューティングで活用するデータの収集、加工、診断、フィードバックの実行を制御
  • 生産現場のライン、装置、機器を抽象化して階層的に管理

詳細は下記ウェブサイトを確認ください。

一般社団法人Edgecrossコンソーシアム 別ウィンドウで開きます

エッジコンピューティング領域のプラットフォームによりデータ収集・活用課題を解決します。
三菱電機 Edgecross対応ソフトウェア

接続方式やプロトコルに依存しないデータの収集・活用を実現するため、Edgecross対応ソフトウェア製品を提供します。

生産現場全体の改善を行うためには、あらゆる設備からデータを収集することが必要不可欠。
しかしながら、現場には様々なメーカーの装置が混在し、接続方式やプロトコルが多数存在するため、複雑なシステム構築が必要です。
三菱電機は「Edgecross」の活用を進め、様々なお客様の課題に応じたソフトウェア製品を提供し、課題解決に貢献していきます。

ITゲートウェイ エッジアプリケーション データコレクタ
クラウドやオンプレミスサーバとプログラムレスでデータ連携が可能
サプライチェーン/エンジニアリングチェーンの最適化に対応可能
生産現場データの監視や分析、診断など様々な処理を実行
生豊富なラインアップから用途に応じた
アプリケーションを選択可能
機器メーカーやネットワーク問わず、
生産現場のあらゆるデータを収集
既存の設備からもデータ収集が可能
ITゲートウェイ
クラウドやオンプレミスサーバとプログラムレスでデータ連携が可能
サプライチェーン/エンジニアリングチェーンの最適化に対応可能

詳細はこちら

エッジアプリケーション
生産現場データの監視や分析、診断など様々な処理を実行
豊富なラインアップから用途に応じたアプリケーションを選択可能

詳細はこちら

データコレクタ
機器メーカーやネットワーク問わず、生産現場のあらゆるデータを収集
既存の設備からもデータ収集が可能

詳細はこちら

ページトップに戻る