ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

Edgecross対応ソフトウェア

データの収集・活用により一歩先のものづくりを指向します。

スマート工場実現には、生産現場データのリアルタイムな活用や、ITシステムとの効率的な連携が必要。
生産現場とITシステムの間で情報を一次処理する「エッジコンピューティング」が支援します。

生産現場を中心としたバリューチェーンの最適化には、エッジコンピューティングの活用が重要

エッジコンピューティングによる自律分散システムへ

FAのデータを、クラウド・ITシステムに
あげるべきデータを一次処理することで、
データ量低減やセキュリティを確保

生産現場に近い場所でデータの
管理・処理・フィードバックを行うことで、
設備保守等のリアルタイム性が必要な
業務を効率化

Edgecrossを活用したe-F@ctoryソリューションによって、製造業のあらゆる工程の改善を促進

FAとITを協調させる日本発のエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォーム

「Edgecross」は、企業・産業の枠を超え、FAとITの協調を実現するエッジコンピューティング領域のオープンなソフトウェアプラットフォームです。
アプリケーションベンダや機器メーカーに依存しない、自由で柔軟なエコシステムを構築できます。

エッジコンピューティング領域のプラットフォームにより課題を解決

三菱電機 Edgecross対応ソフトウェア

接続方式やプロトコルに依存しないデータ収集・活用を実現するため、Edgecross対応のエッジアプリケーションやデータコレクタを提供します。

生産現場全体の改善を行うためには、あらゆる設備からデータを収集することが必要不可欠。しかしながら、現場には様々なメーカの装置が混在し、接続方式やプロトコルが多数存在するため、複雑なシステム構築が必要です。三菱電機はエッジコンピューティング領域のオープンなソフトウェアプラットフォーム「Edgecross」の活用を進め、様々な課題に応じたアプリケーションを提供し、お客様の生産現場の改善に貢献していきます。

エッジアプリケーション

リアルタイムデータアナライザ

  • 毎月多数の製造不良が発生している。
    不良発生を事前に予測して、ロスコストを削減したい。

  • 設備故障が稼働率低下の主要因となっている。
    設備状態から故障時期を予測したい。

データ分析・診断ソフトウェア

リアルタイムデータアナライザ

品質データとセンサデータから不良発生の予測式を算出。リアルタイムにデータを診断し、不良発生を防止。 設備故障発生時のデータから故障予測式を算出。リアルタイムにデータを診断し、故障発生前に予知保全を実現。

EcoAdviser

  • 省エネ分析・報告に時間がかかりすぎている。
    現場の省エネ意識が低く、改善したい。

三菱電機省エネ支援アプリケーション

EcoAdviser

収集した省エネデータの分析を容易に。
ダッシュボード機能で現場での表示を実現。

MC Works64/GT SoftGOT2000

  • 生産進捗をリアルタイムに把握したい。
    遠隔地からでも経営者や生産管理者が設備状況を把握できるようにしたい。
    設備のアラーム履歴から停止要因の分析を行いたい。

工場全体 MC Works64 エッジコンピューティングエディション

製造および生産工程、またはオフィスにおける高機能な監視制御システム。

現 場 GT SoftGOT2000

パソコンとFA機器を簡単に接続でき、パソコン上で生産現場の見える化を実現。