ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

製品特長

FA とIT の協調を実現するエッジコンピューティング領域のオープンなソフトウェアプラットフォーム「Edgecross」を活用することで、三菱電機のエッジコンピューティング、e-F@ctory を強化し、お客様の生産現場の改善に貢献します。

「iQ Edgecross」はエッジコンピューティング領域のオープンなソフトウェアプラットフォーム「Edgecross」に対応する三菱電機のエッジコンピューティングソフトウェアの名称です。

エッジアプリケーション

エッジコンピューティング領域でEdgecrossを活用して、生産現場のデータを利用した様々な処理を実行するソフトウェアです。 豊富なラインアップから用途に応じたアプリケーションを選択して、利用できます。

データコレクタ

各ネットワークを介し、生産現場のデータを収集するソフトウェアコンポーネントです。各種プロトコルに対応したデータコレクタにより、様々な機器・デバイスからデータを収集できます。CC-Link IEフィールドネットワークデータコレクタでは、生産現場のデータを高速・高精度に収集可能です。

Edgecross

リアルタイムデータ処理

生産現場から連続的に収集するリアルタイムデータをエッジアプリケーションで処理するために、データを加工・配信・フィードバックする機能です。動作サイクルごと等エッジアプリケーションが扱いやすいデータにデータを切り出し、まとめてからエッジアプリケーションへ配信します。さらに、エッジアプリケーションの診断結果を生産現場にフィードバックします。

データモデル管理

生産現場の機器・装置・ラインを抽象化し、階層的に管理する機能です。Windowsエクスプローラと同じ感覚で直感的に設定や操作を行えるGUIを提供します。従来個別に管理されていた工場全体の生産設備に関するすべてのデータを管理することで、工場全体の管理・保守を統一的に行えます。

ゲートウェイ通信

クラウドを含めたITシステムと効率的に情報連携を行うための通信する機能です。ITシステムとの親和性が高いプロトコル(MQTT等)に対応しているため、ITシステムとシームレスなデータ連携が実現できます。