ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

FR-F740P-7.5K

製品シリーズ
タイプ
製品型名
適用モータ容量(kW)
出力 定格容量(kVA)
定格電流(A)
過負荷電流定格
電圧
回生制動トルク 最大値・許容使用率
電源 電圧クラス
定格入力交流電圧・周波数
交流電圧許容変動
周波数許容変動
電源設備容量(kVA)
保護構造(JEM 1030)
冷却方式
概略質量(kg)
制御仕様 制御方式
出力周波数範囲
周波数設定分解能 アナログ入力
デジタル入力
周波数精度 アナログ入力
デジタル入力
電圧/周波数特性
始動トルク
トルクブースト
加速・減速時間設定
直流制動
ストール防止動作レベル
トルク制限レベル
運転仕様 運転機能
周波数設定信号 アナログ入力端子点数
アナログ入力端子仕様
デジタル入力
始動信号
入力信号 端子点数(接点入力)
パルス列入力
入力端子選択可能信号
出力信号 出力端子(オープンコレクタ出力)点数
出力端子(リレー出力)点数
出力端子選択可能信号
出力端子選択可能信号(オプション装着時)
表示計用出力端子点数
表示計用出力端子仕様
パルス列出力
表示計用出力端子選択可能信号
表示 操作パネル 運転状態
異常内容
保護・警報機能
環境 周囲温度
周囲湿度
保存温度
雰囲気
標高・振動
通信
FREQROL-F700P
ファン・ポンプ用インバータ FREQROL-F700Pシリーズ 三相400V
7.5kW
12.2
16
120% 60s、150% 3s (反限時特性)
3相 380~480V
三相400Vクラス
3相 380~480V 50Hz、380~480V 60Hz
323~528V 50Hz、323~528V 60Hz
±5%
16
閉鎖形(IP20)
強制風冷
6.5
高キャリア周波数PWM制御(V/F制御)/最適励磁制御/簡易磁束ベクトル制御/IPMモータ制御
0.5~400Hz
0.015Hz/60Hz(端子2、4:0~10V/12bit)、0.03Hz/60Hz(端子2、4:0~5V/11bit、0~20mA/約11bit、端子1:0~±10V/12bit)、0.06Hz/60Hz(端子1:0~±5V/11bit)
0.01Hz
最大出力周波数の±0.2%以内(25℃±10℃)
設定出力周波数の0.01%以内
基底周波数0~400Hz任意設定可能 定トルク・低減トルクパターン、V/F 5点アジャスタブル選択可能
汎用モータ制御(簡易磁束ベクトル制御、すべり補正設定時):120%(3Hz時)、IPMモータ制御:50%
手動トルクブースト
0~3600s(加速・減速個別設定可能)、直線またはS字加減速モード選択可能
汎用モータ制御:動作周波数(0~120Hz)、動作時間(0~10s)、動作電圧(0~30%)可変
動作電流レベル設定可能(0~150%可変)、有無の選択可能
上下限周波数設定、周波数ジャンプ運転、外部サーマル入力選択、極性可逆運転、瞬停再始動運転、瞬停時運転継続、商用切換運転、正転・逆転防止、遠隔設定、第2、3機能、多段速運転、回生回避、すべり補正、運転モード選択、PID制御、計算機リンク運転(RS-485)
3点
端子2、4:0~10V、0~5V、4~20mA選択可能、端子1:-10~+10V、-5~+5V選択可能
操作パネルのMダイヤル、パラメータユニットにより入力およびBCD4桁または16bitバイナリ(オプションFR-A7AX使用時)
正転・逆転個別、始動信号自己保持入力(3ワイヤ入力)選択可能
12点
多段速度選択、遠隔設定、第2機能選択、端子4入力選択、JOG運転選択、瞬停再始動選択・つれ回り引き込み、外部サーマル入力、インバータ運転許可信号(FR-HC2/FR-CV接続)、FR-HC2接続(瞬時停電検出)、PU運転外部インターロック信号、PID制御有効端子、PU-外部運転切換え、出力停止、始動自己保持選択、正転指令、逆転指令、インバータリセット、PTCサーミスタ入力、PID正逆動作切換え、PU-NET運転切換え、外部-NET運転切換え、指令権切換え、直流給電運転許可、直流給電解除、PID積分リセットから任意の信号をPr.178~Pr.189(入力端子機能選択)により選択。
5点
2点
インバータ運転中、周波数到達、瞬時停電・不足電圧、過負荷警報、出力周波数検出、第2出力周波数検出、回生ブレーキプリアラーム、電子サーマルプリアラーム、PU運転モード、インバータ運転準備完了、出力電流検出、ゼロ電流検出、PID下限リミット、PID上限リミット、PID正転逆転出力、商用切換MC1、商用切換MC2、商用切換MC3、ファン故障出力、フィン過熱プリアラーム、インバータ運転中・始動指令ON、停電減速中、PID制御動作中、PID偏差リミット、IPMモータ制御、リトライ中、停電中、PID出力中断中、出力電力量パルス出力、直流給電中、寿命警報、異常出力3(電源遮断信号)、省電力平均値更新タイミング、電流平均値モニタ、異常出力2、メンテナンスタイマ警報、リモート出力、軽故障出力、異常出力 から任意の信号をPr.190~Pr.196(出力端子機能選択)により選択。インバータのアラームコードをオープンコレクタより(4bit)出力可能。
上記に加えて制御回路コンデンサ寿命、主回路コンデンサ寿命、冷却ファン寿命、突入電流抑制回路寿命から任意の信号をPr.313~Pr.319(増設出力端子機能選択)により選択。(FR-A7ARの増設端子には正論理のみ設定可能)
2点
FM:最大2.4kHz、AM:0~10V
出力周波数、モータ電流(定常またはピーク値)、出力電圧、周波数設定値、運転速度、コンバータ出力電圧(定常またはピーク値)、電子サーマル負荷率、入力電力、出力電力、ロードメータ、基準電圧出力、モータ負荷率、省電力効果、回生ブレーキ使用率、PID目標値、PID測定値をPr.54 FM端子機能選択(パルス列出力)、Pr.158 AM端子機能選択(アナログ出力)により選択。
出力周波数、モータ電流(定常またはピーク値)、出力電圧、異常表示、周波数設定値、運転速度、コンバータ出力電圧(定常またはピーク値)、電子サーマル負荷率、入力電力、出力電力、ロードメータ、積算通電時間、実稼動時間、モータ負荷率、積算電力、省電力効果、省電力積算、回生ブレーキ使用率、PID目標値、PID測定値、PID偏差、インバータ入出力端子モニタ、入力端子オプションモニタ、出力端子オプションモニタ、オプション実装状態、端子割付状態
保護機能の動作時に異常内容を表示、保護機能動作直前の出力電圧・電流・周波数・積算通電時間、異常内容8回分を記憶
<保護機能>
加速中過電流、定速中過電流、減速・停止中過電流、加速中過電圧、定速中過電圧、減速・停止中過電圧、インバータ保護サーマル動作、モータ保護サーマル動作、フィン過熱、瞬時停電発生、不足電圧、入力欠相、ストール防止による停止、出力側地絡過電流、出力欠相、外部サーマル動作、PTCサーミスタ動作、オプション異常、パラメータエラー、PU抜け発生、リトライ回数オーバー、CPU異常、操作パネル用電源短絡、DC24V電源出力短絡、出力電流検出値オーバー、突入抵抗過熱、通信異常(本体)、アナログ入力異常、PID信号異常、内部回路異常(15V電源)、ブレーキトランジスタ異常、脱調検出、過速度発生
<警報機能>
ファン故障、過電流ストール防止、過電圧ストール防止、回生ブレーキプリアラーム、電子サーマルプリアラーム、PU停止、メンテナンスタイマ警報、パラメータ書込みエラー、コピー操作エラー、操作パネルロック、パラメータコピー警報、パスワード設定中
-10℃~+50℃(凍結のないこと)
90%RH以下(結露のないこと)
-20℃~+65℃
屋内(腐食性ガス・引火性ガス・オイルミスト・じんあいのないこと)
海抜1000m以下・5.9m/s2以下、10~55Hz(X、Y、Z各方向)
RS-485,CC-Link,CC-Link IE Field,LONWorks,DeviceNet,PROFIBUS-DPV0,FL-net remote I/O,Modbus RTU
  • 先頭 先頭
  • 前 前
  • 次 次
  • 最後 最後

制約事項

● 適用モータは、4極の三菱標準モータを使用する場合の最大適用容量を示します。

● 定格出力容量は、出力電圧が200Vクラスは220V、400Vクラスは440Vの場合を示します。