ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

ML6030XL-45CF-R

仕様

用途
レーザ発振器種類
シリーズ
機種名
形名
発振器出力
移動方式
制御方式
対象ワーク寸法 [mm]
ストローク X軸 x Y軸 x Z軸 [mm]
早送り速度 [m/min]
最大加工送り速度 [m/min]
位置決め精度 [mm]
繰り返し精度 [mm]
加工ヘッド
電源入力 [kVA]
質量(加工機単体) [kg]
冷却装置 冷却方式
電源入力 (kVA)
モデル
大形レーザ加工機
炭酸ガスレーザ
XLシリーズ
XL-45CF-R
4.5kW
光走査方式
X-Y-Z同時3軸制御(Z軸倣い制御も可能)
6100 x 3050
6600 x 3200+100(メンテナンス時) x 150
24(X軸),50(Y軸),65(Z軸):標準タイプ
50(X軸),100(Y軸),65(Z軸):高速タイプ(オプション)
20:標準タイプ
30:高速タイプ(オプション)
0.05/500(X,Y軸)
0.1/100(Z軸)
±0.01
自動焦点プリセット加工ヘッド(標準:f7.5)
77 (※1)
約7000
水冷/空冷
25 (水冷) / 40 (空冷)
ML6030XL
  • 先頭 先頭
  • 前 前
  • 次 次
  • 最後 最後

※1 電源入力は発振器込みの容量です。その他電源入力として冷却装置が必要です。

※2 精度は機械精度を示し、加工(切断)精度とは異なります。加工精度は材質、板厚、速度などにより変化します。

※3 パレットチェンジャ付、システム対応など、ワークの搬入出に人が介在しない場合は、高速タイプを推奨します。

「三菱電機メカトロニクスエンジニアリング株式会社」サイトへ

よりワイドに、精巧に、これがレーザ加工のニーズに対する集大成。

レーザ加工の結論 ― それは高生産、高性能。

大形機でありながら高速汎用機の性能を兼ね備えるユーティリティーマシンML6030XL。

高速・高精度・加工用途の多様性、全ての要求を満足する。