ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

出力増設ブロック FX2N-8EYT

性能仕様

適用シーケンサ
質量
電源仕様
定格電圧
出力仕様
出力点数
出力接続形状
出力種別/形式
外部電源
最大負荷 抵抗負荷
誘導性負荷
開路もれ電流
ON電圧
応答時間 OFF→ON
ON→OFF
回路絶縁
出力動作表示
出力回路構成
FX1N,FX3G,FX2N,FX3U,FX1NC,FX3GC,FX2NC,FX3UC
<コネクタタイプシーケンサへの接続について>
FX1NC,FX2NCへの接続は、FX2NC-CNV-IFが必要です。
FX3GC,FX3UCへの接続は、FX2NC-CNV-IFまたはFX3UC-1PS-5Vが必要です。
0.2kg
 
シーケンサからの内部給電
 
8点
縦形端子台(M3ネジ)
トランジスタ/シンク出力
DC5V~30V
0.5A/1点
コモンあたりの合計負荷電流は下記としてください。
・出力4点/コモン:0.8A以下
・出力8点/コモン:1.6A以下
12W/DC24V
0.1mA/DC30V
1.5V以下
0.2ms以下/200mA(DC24V時)
0.2ms以下/200mA(DC24V時)
ホトカプラ絶縁
ホトカプラ駆動時パネルのLED点灯

拡大

  • 先頭 先頭
  • 前 前
  • 次 次
  • 最後 最後

一般仕様

周囲温度
相対湿度
耐振動 DINレール取付時 周波数:10~57Hz
周波数:57~150Hz
直接取付時 周波数:10~57Hz
周波数:57~150Hz
耐衝撃
耐ノイズ
耐電圧
絶縁抵抗
使用雰囲気
使用高度
0~55℃・・・・・動作時 -25~75 ℃・・・・・保存時
5~95%RH(結露しないこと)・・・・・・動作時
片振幅:0.035mm X,Y,Z各方向10回(合計各80分)
判定基準は、IEC61131-2による
加速度:4.9m/s2 X,Y,Z各方向10回(合計各80分)
判定基準は、IEC61131-2による
片振幅:0.075mm X,Y,Z各方向10回(合計各80分)
判定基準は、IEC61131-2による
加速度:9.8m/s2 X,Y,Z各方向10回(合計各80分)
判定基準は、IEC61131-2による
147m/s2、作用時間11ms、正弦半波パルスにてX,Y,Z各方向3回
判定基準は、IEC61131-2による
ノイズ電圧1,000Vp-p,ノイズ幅1μs,立上り1ns,周期30~100Hz のノイズシミュレータによる
増設出力ブロックの出力端子(トランジスタ)とアース端子間:AC500V 1分間
増設出力ブロックの出力端子(トランジスタ)とアース端子間:DC500V絶縁抵抗計にて5MΩ以上
腐食性,可燃性ガスがなく、導電性のじんあい(ほこり)がひどくないこと
2000m以下
大気圧以上に加圧した環境下では使用できません。故障する可能性があります。
  • 先頭 先頭
  • 前 前
  • 次 次
  • 最後 最後