ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

CC-Linkシステムマスタ・ローカルインタフェースボード A80BDE-J61BT11

性能仕様

伝送速度
最大ケーブル総延長(最大伝送距離) Ver.1.10 156kbps時
625kbps時
2.5Mbps時
5Mbps時
10Mbps時
局種別
最大接続台数 マスタ局時
占有局数 ローカル局時
1システムあたりの最大リンク点数 CC-Link Ver.1
1局あたりのリンク点数 CC-Link Ver.1
通信方式
同期方式
符号化方式
伝送路形式
伝送フォーマット
誤り制御方式
通信ケーブル
装着可能枚数
装着スロット
DC5V内部消費電流
質量
156kbps/625kbps/2.5Mbps/5Mbps/10Mbps(選択可能)
1200m
900m
400m
160m
100m
マスタ局(Ver.1マスタ局)
ローカル局(Ver.1ローカル局)
64台
1局または4局
リモート入出力(RX,RY):2048点
リモートレジスタ(RWw):256点
リモートレジスタ(RWr):256点
リモート入出力(RX,RY):32点(ローカル局は30点)
リモートレジスタ(RWw):4点
リモートレジスタ(RWr):4点
ブロードキャストポーリング方式
フレーム同期方式
NRZI符号(Non Return to Zero Inverted)
バス(RS-485)
HDLC準拠
CRC(X16+X12+X5+1)
Ver.1.10対応CC-Link専用ケーブル
CC-Link専用ケーブル(Ver.1.00対応)
CC-Link専用高性能ケーブル(Ver.1.00対応)
最大4枚
(A80BD-J61BT11とA80BD-J61BT13を合わせた枚数)
PCIスロット
0.40A
0.16kg
  • 先頭 先頭
  • 前 前
  • 次 次
  • 最後 最後

一般仕様

使用周囲温度
保存周囲温度
使用周囲湿度
保存周囲湿度
耐振動 JIS B 3502, IEC 61131-2 に準拠 断続的な振動がある場合
連続的な振動がある場合
耐衝撃
使用雰囲気
使用標高
設置場所
オーバボルテージカテゴリ
汚染度
0~55℃
-20~75℃
10~90%RH,結露なきこと
10~90%RH,結露なきこと
周波数:10~57Hz,振幅:0.075mm
周波数:57~150Hz,加速度:9.8m/s2
掃引回数:X,Y,Z各方向10回
周波数:10~57Hz,振幅:0.035mm
周波数:57~150Hz,加速度:4.9m/s2
JIS B 3502, IEC 61131-2 に適合
(147m/s2,XYZ3方向各3回)
腐食性ガスがないこと
0~2000m
制御盤内
Ⅱ以下
2以下
  • 先頭 先頭
  • 前 前
  • 次 次
  • 最後 最後