ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

QD77MS4

性能仕様

制御仕様
制御軸数
演算周期(演算周期設定)※1
補間機能
制御方式
加減速処理
補正機能
同期制御
制御単位
位置決め制御方式
位置決めデータ数
バックアップ
原点復帰
位置決め制御
手動制御
速度・トルク制御
同期エンコーダ運転機能
絶対位置システム
速度制限
トルク制限機能
緊急停止
ソフトウェアストロークリミット機能
ハードウェアストロークリミット機能
速度変更
オーバライド機能
加減速処理変更
トルク変更機能
トルク制限値変更
目標位置変更機能
Mコード出力機能
ステップ機能
スキップ機能
ティーチング機能
パラメータ初期化機能
マーク検出機能  
マーク検出信号
マーク検出設定
任意データモニタ機能
ドライバ間通信機能
SSCNET通信の切断/再接続機能
アンプなし運転機能
デジタルオシロ機能
サーボアンプ接続方式
局間距離(最大)[m]
周辺装置インタフェース
入出力占有点数
ユニット占有スロット数
DC5V内部消費電流 [A]
質量 [kg]
外形寸法 [mm]
 
最大4軸(仮想サーボアンプ軸を含む)
0.88ms,1.77ms
直線補間(最大4軸),2軸円弧補間
位置決め制御,速度制御,速度・トルク制御,速度・位置切換え制御,定寸送り,アドバンスト同期制御,カム制御,連続軌跡制御,位置・速度切換え制御
台形加減速,S字加減速
バックラッシュ補正,電子ギア,近傍通過
同期エンコーダ入力,カム,位相補正,カム自動生成
mm,inch,degree,pulse
ポイントテーブル方式
600 データ(位置決めデータNo.1 ~ 600)/軸
(MELSOFT GX Works2,シーケンスプログラムでの設定可能)
パラメータ,位置決めデータ,ブロック始動データはフラッシュROMで保存可(バッテリレス)
近点ドグ式,カウント式1,カウント式2,データセット式,スケール原点信号検出式
(高速原点復帰あり,原点復帰リトライ機能あり,原点シフト機能あり)
直線補間制御(最大4軸)※2,定寸送り制御(最大4軸),2軸円弧補間制御(補助点指定,中心点指定),速度制御(最大4軸),速度位置切換え制御(INCモード,ABSモード),位置速度切換え制御(INCモード),現在値変更
JOG運転,インチング運転,手動パルサ運転(1台接続可能)
位置ループを含まない速度制御,トルク制御,押当て制御
4 台使用可能
(内蔵インタフェース(インクリメンタル 1ch),CPU 経由インタフェース,サーボアンプ経由インタフェースの合計)
あり(サーボアンプにバッテリ装着にて対応可能)
速度制限値,JOG速度制限値
トルク制限値同一指定,トルク制限値個別指定
有効/無効の切換え
送り現在値での可動範囲チェック,送り機械値での可動範囲チェック
あり
あり
1~300%
加減速時間
あり
あり
目標位置のアドレス,目標位置への速度変更
あり
減速単位ステップ,データNo.単位ステップ
シーケンサCPU経由,外部指令信号経由
あり
あり
常時検出モード,指定回数モード,リングバッファモード
最大4点
4設定
最大4点/軸
あり
あり
あり
ビットデータ8CH,ワードデータ4CH
SSCNETⅢ/H
SSCNETⅢ/H:100, SSCNETⅢ:50
CPU ユニット経由(USB,RS-232,Ethernet)
32点(I/O 割付:インテリジェント機能ユニット32点)
1
0.6
0.16
98.0(H)×27.4(W)×90.0(D)
  • 先頭 先頭
  • 前 前
  • 次 次
  • 最後 最後

制約事項

※1:演算周期により、制御軸数は異なります。

※2:4軸直線補間制御は基準軸速度のみ有効です。