ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

TM-RFM240J10

仕様

シリーズ名
品名
電圧クラス
ダイレクトドライブモータ形名
対応サーボアンプ CC-Link IE TSN
インタフェース
2軸一体 CC-Link IE TSN
インタフェース
3軸一体 CC-Link IE TSN
インタフェース
CC-Link IE
フィールドネットワーク
インタフェース
SSCNETⅢ/H
インタフェース
2軸一体SSCNETⅢ/H
インタフェース
3軸一体SSCNETⅢ/H
インタフェース
汎用インタフェース
SSCNETⅢ
インタフェース
SSCNETⅢ
(フルクローズド制御)
CC-Link対応
位置決め機能内蔵
2軸一体SSCNETⅢ
インタフェース
モータ外径 (フレーム外径) [mm]
電源設備容量 [kVA]
連続特性 定格出力 [kW]
定格トルク [N・m]
最大トルク [N・m]
定格回転速度 [r/min]
最大回転速度 [r/min]
瞬時許容回転速度 [r/min]
連続定格トルク時のパワーレート [kW/s]
定格電流 [A]
最大電流 [A]
回生ブレーキ頻度 [回/分]
慣性モーメントJ [× 10-4 kg・m2]
推奨負荷慣性モーメント比
絶対精度 [s]
速度・位置検出器
サーミスタ
耐熱クラス
構造
環境条件 周囲温度
周囲湿度
雰囲気
標高
耐振動
振動階級
海外準拠規格
回転部許容荷重 モーメント荷重 [N・m]
アキシャル荷重 [N]
質量 [kg]
制約事項について
MELSERVO-J5シリーズ/MELSERVO-J4シリーズ/MELSERVO-J3シリーズ
TM-RFMシリーズ
200V
-
-
-
-
-
-
-
φ330
6.6
2.513
240
720
100
200
230
91.4
19
57
MR-J4-
171
MR-J3-
40
6303
50倍以下
±10
絶対位置・インクリメンタル共用
20ビットエンコーダ
1048576 pulses/rev
内蔵
155 (F)
全閉自冷 (保護等級: IP42)
運転: 0 °C~60 °C (凍結のないこと)、保存: -15 °C~70 °C (凍結のないこと)
運転: 10 %RH~80 %RH (結露のないこと)、保存: 10 %RH~90 %RH (結露のないこと)
屋内 (直射日光が当たらないこと)、 腐食性ガス・引火性ガス・オイルミスト・塵埃のないこと
海抜2000 m以下
X: 24.5 m/s2 Y: 24.5 m/s2
V10
海外規格・法令への対応については、規格適合品ページを参照してください。
350
16000
146
仕様比較時には制約事項が表示されないため、各機種の仕様をご覧ください。
  • 先頭 先頭
  • 前 前
  • 次 次
  • 最後 最後

制約事項

●ダイレクトドライブモータ形名
・MR-J5サーボアンプと接続する場合、2019年6月以降に製造されたダイレクトドライブモータを使用してください。それより前に製造されたダイレクトドライブモータを接続した場合、アラームが発生します。

●連続特性 定格トルク
・昇降軸のようにアンバランストルクが発生する機械では、必ず絶対位置検出システムを使用してください。また、アンバランストルクは定格トルクの70%以下で使用してください。

●推奨負荷慣性モーメント比
・ダイレクトドライブモータ回転部に対する推奨負荷慣性モーメント比を示します。負荷慣性モーメント比が記載値を超える場合は、営業窓口にお問合せください。

●構造
・回転部 (出力軸) の隙間およびコネクタ部を除きます。

●環境条件 周囲温度
・周囲温度に関する制約事項については、各サーボモータのユーザーズマニュアルを参照してください。

●環境条件 標高
・海抜1000 mを超えて2000 m以下で使用する場合の制約事項については、各ダイレクトドライブモータのユーザーズマニュアルを参照してください。

●絶対精度
・絶対精度は、負荷の取付け状態および周囲環境によって変わります。

*電源設備容量、回⽣ブレーキ頻度、絶対位置、環境条件、環境条件 耐震動、回転部許容荷重、振動階級については、「ダイレクトドライブモータ仕様の注釈について」を参照してください。