ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

Q172DCPU

性能仕様

制御仕様
制御軸数
補間機能
制御方式 SV13/SV22
SV43
加減速処理
補正機能
プログラム言語 SV13/SV22
SV43
プログラム(専用命令容量) サーボプログラム SV13/SV22
モーションプログラム SV43
位置決め点数 SV13/SV22
SV43
周辺装置I/F
原点復帰機能
JOG 運転機能
手動パルサ運転機能
同期エンコーダ運転機能
M コード機能
リミットスイッチ出力機能
ROM 運転機能
絶対位置システム
SSCNETⅢ系統数※1
モーション関連ユニット装着数
ユニット仕様
制御軸数
演算周期(デフォルト時) SV13
SV22/SV43
サーボアンプ
周辺装置I/F
手動パルサ運転機能
同期エンコーダ運転機能
管理可能ユニット Q172DLX
Q172DEX
Q173DPX
QX□/QX□-S1/QY□/QH□/QX□Y□
Q6□AD□/Q6□AD-□/Q6□DA□/Q6□DA-□
QI60
増設ベース段数
DC5V 内部消費電流[A]
質量[kg]
外形寸法 [mm]
 
8軸
直線補間(最大4軸),円弧補間(2軸),ヘリカル補間(3軸)
PTP(Point To Point)制御,速度制御,速度・位置切換え制御,定寸送り,等速制御,位置追従制御,定位置停止速度制御,速度切換え制御,高速オシレート制御,同期制御(SV22)
PTP(Point TO Point)制御,等速位置決め,高速オシレート制御
自動台形加減速,S字加減速
バックラッシュ補正,電子ギア,位相補正(SV22)
モーションSFC,専用命令,メカサポート言語(SV22)
EIA言語(Gコード)
16k ステップ
504kバイト
3200 ポイント(間接指定可能)
約10600ポイント(間接指定可能)
シーケンサCPU経由(USB/RS-232)
近点ドグ式(2種類),カウント式(3種類),データセット式(2種類),
ドグクレードル式,ストッパ停止式(2種類),リミットスイッチ兼用式
(原点復帰リトライ機能あり,原点シフト機能あり)
あり
3台接続可能
8台接続可能(SV22使用時)
Mコード出力機能あり,Mコード完了待ち機能あり
出力点数32点
ウォッチデータ:モーション制御データ/ワードデバイス
あり
サーボアンプにバッテリ装着にて対応可能
(軸ごとにアブソリュート方式/インクリメント方式の指定が可能)
1系統
Q172DLX 1台使用可能
Q172DEX 4台使用可能※2
Q173DPX 3台使用可能※3
 
最大8 軸
0.44ms/1~6軸
0.88ms/7~8軸
0.44ms/1~4軸
0.88ms/5~8軸
サーボアンプをSSCNETⅢで接続(1系統)
シーケンサCPU経由(USB/RS-232)
手動パルス発生器3台使用可能
同期エンコーダ8台使用可能※4(SV22使用時)
最大1台/CPU
最大4台/CPU(SV22使用時)
最大3台/CPU(SV22でINC同期エンコーダ使用時)
最大1台/CPU(手動パルス発生器のみ使用時)
合計 最大256点/CPU
合計 最大256点/CPU
最大1台/CPU
最大7段
1.25
0.33
98(H)×27.4(W)×119.3(D)
  • 先頭 先頭
  • 前 前
  • 次 次
  • 最後 最後

制約事項

※1 SSCNET対応のサーボアンプは使用できません。

※2 SV13/SV43ではQ172DEXは使用できません。

※3 INC同期エンコーダを使用する場合(SV22使用時)の台数です。手動パルス発生器を接続する場合には1台のみ使用可能です。

※4 手動パルス発生器と同期エンコーダをあわせて8台まで使用できます。