ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

ML2512eX-S Edition-F20

基本情報

製品主画像拡大

■独自の加工技術により、2kWファイバレーザ加工機の加工能力を向上
・薄板から中厚板まで「F-CUT®」を適用※1
■ファイバレーザ発振器・ecoモードなどの搭載で、省エネを実現
・発振効率に優れた※2ファイバレーザ発振器に加えて、当社独自の高効率サーボモータ・サーボアンプ、インバータ制御冷却装置などの採用により、消費電力を約60%削減 ※3
・段階的に各機能を停止させる「ecoモード」搭載で、待機時の消費電力を最大70%削減 ※4
・電力・ガス消費量モニタの搭載により、電力・ガスの使用量を見える化し、省エネ運用をサポート
■作業者の熟練度に依存しない、直感的な操作で使いやすさを追求
・加工状態を見ながら、簡単な操作で加工条件の修正・補正を実現
・加工準備動作を含めた、緻密な加工時間見積機能の搭載により、計画的な生産をサポート

※1 ビームのオン・オフを軸移動にあわせ高速同期させ、軸移動の停止時間をなくす加工技術

※2 投入電力に対するレーザの発振出力において、当社製炭酸ガスレーザ発振器との比較

※3 当社炭酸ガス二次元レーザ加工機「ML2512eX-S Edition」との比較

※4 ecoモード非使用時との比較

eXがファイバレーザと融合しパフォーマンスはさらに進化を遂げる

ファイバレーザ発振器を搭載したグローバル戦略機

高速レーザ加工「F-CUT」と従来加工との違いを動画で見る

この製品の紹介を動画で見る