ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

ML6030XL-60XF

基本情報

製品主画像拡大

■薄板の高速高精度切断から中厚板の高速切断が可能
■標準定尺材から長尺材まで加工範囲の拡充
(1)流通性の高い大板(長尺材)2.1m×6.1mを載せ、大物部品の切断が可能
(2)5×10材は4枚の同時加工が可能になり生産性が向上
■ストッカシステムとの組合せで長時間連続運転を提供
■定評のある三菱電機の発振器は、標準4.5kW(ML45CF-R)とオプションで高出力6kW(ML60XF)の
選択が可能。更なる高速加工と加工用途の拡大を実現
安定性・信頼性の向上
■光路長一定機構の採用により、全加工エリアで安定加工状態を実現
■X軸にジャバラレス機構を採用。光路長の約2m短縮により加工裕度が大幅向上
■XY軸の駆動部にLMガイドとラック&ピニオン方式を採用。ワイドストロークでも標準機と同等の高精度な位置決め精度を実現
■納入後1年目から2年目までの間にメンテナンス契約をベースとした「プレミアムプラン」を付加し、加工技術指導をはじめ、レベル変化の診断や加工機・発振器のメンテナンス、稼動状況を把握した上で、3年目以降のプランを提案いたします
操作性の向上
最新型制御装置LC30BXの最新機能により、操作性が格段に向上
適用分野は、薄板~厚板、大物加工まで

※ 大形ワークは3m×6m 材以上、標準ワークは1.5m×3m 材以下

よりワイドに、精巧に、これがレーザ加工のニーズに対する集大成。

レーザ加工の結論 ― それは高生産、高性能。

大形機でありながら高速汎用機の性能を兼ね備えるユーティリティーマシンML6030XL。

高速・高精度・加工用途の多様性、全ての要求を満足する。

「三菱電機メカトロニクスエンジニアリング株式会社」サイトへ 新しいウィンドウが開きます