ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

MR-J4DUB4-RJ100 SSCNETⅢ/Hインタフェース 400 V

基本情報

製品主画像拡大

特長

複数台のドライブユニット並列駆動による超大容量サーボシステム

超大容量サーボモータの駆動方式として並列駆動を採用。電源回生コンバータユニットMR-CV55K4とドライブユニットMR-J4-DU_KB4-RJ100を2組または4組使用し、超大容量サーボモータを駆動します。コンバータユニットは電源回生方式の採用により、回生エネルギを有効活用し省エネシステムを実現します。

並列駆動システム

コンバータユニットとドライブユニットを1組として、これを2組または4組接続する並列駆動システムを採用することで、110 kW~220 kWの超大容量サーボモータを駆動します。SSCNETⅢ/Hの高精度な同期通信により超大容量並列駆動システムを実現します。

エンコーダケーブルの省配線化

エンコーダ配線にデイジーチェーン方式を採用。エンコーダマスタサーボアンプからエンコーダスレーブサーボアンプへと、全てのサーボアンプにエンコーダ情報を受け渡すことで、省配線を実現します。エンコーダ分配ユニットは不要です。また、エンコーダケーブルにサーミスタ信号線を追加。サーミスタ信号の配線は不要です。