ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

FW-F10H-0.3K

基本情報

製品主画像拡大

形名 FW-F10H-0.3K
概要 コンパクトなサイズで三菱シーケンサにも最適なベーシックモデルUPS
仕様 タワー・ラック兼用
コンセント仕様
標準価格 最寄りの支社・代理店にご照会ください
発売状況 発売中

電源管理機能

FREQUPS FW-Fシリーズは充実した電源管理機能をご提供し、安心・確実なシステム運用をサポートします。

1.UPSのシャットダウン

●コンピュータの自動シャットダウンが終了した後、UPS本体も自動でシャットダウン可能です。

シャットダウン過程イメージ図

2.UPSパワースイッチOFFによるコンピュータのシャットダウン

●パワースイッチまたはリモートON/OFF入力端子をOFFにすることで、OSの自動シャットダウンができます。
●「UPSシャットダウン機能」と併用することで、パワースイッチOFF→OSをシャットダウン→UPSシャットダウンまでの一連の動作を行うことができます。

UPSパワースイッチOFFからのシャットダウンイメージ図

3.復電時のリブート機能

不意の電源トラブルでOSのシャットダウンを開始してから、UPSのシャットダウンを行う前に復電したときに、コンピュータを自動的にリブート(再起動)させる事が可能です。

電源復帰時のリブートイメージ図

設置性

横置き、縦置き両方可能。スペースに合わせて自由に設置できます。左側面(底面)にねじ穴が空いていますので(3ヶ所)、タップねじ(5×8mm)を使用することにより板面に固定することができます。

(注)適切な長さのねじを使用してください。ねじの長さが長い場合は内部故障の原因となります。
また、本固定方法は、樹脂部へタッピングねじ固定のため耐震性を要求される場所では使用できません。

MELSECシリーズ対応

UPS本体の背面にあるディップスイッチを設定するだけで、シーケンサ対応が可能になります。
※矩形波出力でも動作検証済みのため、使用可能です。

MELSEC iQ-Rseries

iQ-Rシリーズも動作検証済みです。
※動作検証済み機種詳細は下記ページをご参照願います。

三菱シーケンサの停電、瞬低によるダウンロスの防止は三菱小容量UPSで

外部インターフェース

シャットダウンを行う際に使用する外部インターフェースにRS232CコネクタとUSBコネクタを搭載しておりユーザでの選択が可能です。
(同時使用はできません)