ここから本文

MV1200R

基本情報

製品主画像拡大

形名MV1200R
概要高性能小形ワイヤ放電加工機
基本性能を革新させたハイパフォーマンスモデル
発売状況発売中

特長

IoTの扉を開く新型制御装置「D-CUBES」

加工精度向上とIoT技術活用により、お客様の生産性向上を支援。革新の技術で、ものづくりは次のステージへ

加工精度・安定性

次世代駆動システムと磨きぬかれた電源制御
●駆動にシャフトリニアモータ搭載
●自社製サーボアンプ・制御装置、アブソリュートリニアスケールを用いたオプトドライブシステムにより、高速応答が可能となり加工精度が大幅に向上

自動結線

進化したテクノロジーが作業効率を飛躍的に向上
●カール率10% 以下のワイヤ電極で高い結線性能を実現
●高板厚での断線点挿入率を大幅向上
●加工形状に適した結線が可能(ジェット挿入、ジェットレス挿入、水中断線点挿入)

生産性

現場を変える、選りすぐられた技術の結集
●電源性能を向上させ実用面あらさ領域の高速加工を実現(H-FS電源標準搭載)
●2回加工仕上げ面あらさ半減
●3回、Rz3.5μm/Ra0.45μm狙い時の加工時間比較

作業性・操作性

「簡単操作・ヒューマンエラー削減・つながる」で良いものを、早く、安く。お客様の生産性向上を支援
●19 インチの大画面に情報を集約
●HOME 画面を中心に見たい、使いたい機能をワンタッチで呼び出し
●段取から加工までのナビゲーションメニューで操作数約40%削減(従来比)
●薄型液晶手元操作箱で段取性が向上

省エネ・ランニングコスト

環境への配慮とコスト削減も実現
●コスト管理画面で加工機のランニングコストを可視化。予算計画に活用
●ワイヤ残量を正確に管理し、ワイヤコスト削減に貢献(ワイヤ残量検出機能)

e-F@ctory

リモートサービス IoTで製造業を変える。三菱電機が変える
●IoTを活用し加工機の稼働率向上。コスト削減に貢献
●現場作業を『みえる化』し改善をサポート

ADVANCE PLUS制御と高付加価値機能オプション

●超仕上電源(Digital-FS電源) オプション
●φ0.05、φ0.07ワイヤ自動供給仕様 オプション
●アングルマスターADVANCEⅡ オプション

表彰・受賞

ワイヤ放電加工機MV-Rシリーズが2017年度グッドデザイン賞を受賞いたしました。