ここから本文

ML2512HV2-R-32XP

基本情報

製品主画像拡大

形名ML2512HV2-R-32XP
概要三菱独自のクロスフローレーザ発振器を搭載し、接近性の良いハイブリッド構造と大きなZ軸ストロークにより多種多様な材料に対応する、多品種少量加工向けレーザ加工機
標準価格
発売状況発売中

特長

連続加工&生産性

薄板から厚板まで、ハイブリッド方式の最大パフォーマンスを提供
●Z軸移動速度約2倍、加速度5倍により、加工時間を短縮(※1)
●加工レンズ移動速度を最大約5倍に向上した自動プリセット加工ヘッド「PH-XS」により、ピアシング時間や加工時間を短縮(※1)
※1:従来機HVシリーズ比

高速加工&低ランニングコスト

最新の加工技術と制御技術が多種多様な材料の加工に対応、レーザ加工のポテンシャルを拡大
●コーナ部の入熱を最適に制御するDR制御により、高品位な薄板高速加工を実現
●独自のノズルテクノロジーにより、高速・高品質な中厚板・厚板加工を実現
●高ピーク出力制御により、中厚板・厚板のピアシング時間を大幅短縮

操作性&使いやすさ

接近性の高いハイブリッド構造と調整作業自動化により、段取りから加工まで快適なオペレーション
●主要部品を定期的にチェックする「セルフチェック機能」やメンテナンス作業を詳細に解説する「作業ヘルプ画面」がお客様によるメンテナンスをサポート
●加工機でネスティング配置が可能な「簡易ネスティング」や材料を簡単に切り分ける「残材切断」等の便利な制御機能が急な割り込み加工等の現場作業を支援
●加工機待機時は自動で段階的に各装置を停止する「ecoモード」により、待機時の消費コストを最大99%削減