MITSUBISHI Changes for the Better

三菱電機

Factory Automation

GOT-800シリーズ 生産終了品について

このウインドウを閉じる

GOT本体

*1 置き換え後の画面解像度が異なります(640×400ドット → 640×480ドット)。アタッチメント(GT15-60ATT-87)の使用で盤加工は不要となります。
*2 置き換え時、アタッチメント(GT15-70ATT-87)の使用で盤加工は不要となります。
*3 置き換え後の画面解像度が異なります(320×240ドット → 640×480ドット)。アタッチメント(GT15-50ATT-85)の使用で盤加工は不要となります。
*4 前面のパネル色が白色のモデルになり、GOT800シリーズのアイボリー色とは異なります。
*5 前面のパネル色がダークグレー色のモデルになり、GOT800シリーズのアイボリー色とは異なります。
*6 A870用の電源ユニットです。置き換えする場合、 GOT2000シリーズは電源内蔵のため、本ユニットは不要です。
*7 GOT2000シリーズは、RGB出力機能がオプションとなります。
 A810GOT(CRT出力専用GOT)をご利用の場合は、別途、RGB出力ユニット(GT27-ROUT)をご使用ください。
*8 Aバス接続での置き換え機種がございませんので、接続シーケンサ、および、接続方法の変更必要です。
 Qバス接続に置き換え時には、Qバス接続ユニット(GT15-QBUS(2)またはGT15-75QBUS(2)L)をご使用ください。
*9 GOT2000シリーズは、CC-Linkインタフェースを内蔵している機種がありません。
 置き換え後も CC-Link接続をご利用の際には、CC-Link Ver.2通信ユニット(GT16-J61BT13)が必要です。
 既存の CC-Link Ver.1へ接続する場合、CC-Link Ver.2通信ユニットを CC-Link Ver.1モードに設定して接続してください。
 A8GT-J61BT15から置き換えの場合、シーケンスプログラムの変更(ラダープログラムの削除)、画面設定の変更が必要です。
*10 置き換え時には、GOT本体のRS-232インタフェースで通信いただくか、RS-232シリアル通信ユニット(GT15-RS2-9P)をご使用ください。
*11 GT2505-VTBDは、通信ユニット、オプションユニットを使用できません。ご使用される場合は、GT2705-VTBDへの置き換えをご検討ください。

【共通事項】
・ GT25の表示部は、アナログ抵抗膜式です。
 表示部を2点以上押した場合、押した点の中心付近にスイッチがあると、そのスイッチが動作することがあります。表示部を同時に2点以上押さないでください。
・ GT27の表示部は、アナログ抵抗膜式ですが、2点押しは可能です。
 ただし、スイッチの配置に注意点があります。詳細については、下記のテクニカルニュースを参照してください。
 ➟ GOT1000シリーズからGOT2000シリーズへの置き換えのご案内と注意事項 (GOT-D-0061)
・ GOT800シリーズとGOT-A900シリーズでは、電源端子の位置、PCカードの挿入位置、通信ケーブルの引き出し方向が異なるため、
 移行時にGOTと周辺の盤内機器が干渉しないか確認してください。
・ GOT2000シリーズは、表示色16色、8色、黒/黄橙2色、モノクロ2色のご用意がなく、65536色への置き換えとなるため、価格帯が異なります。
 詳細は、「GOT2000シリーズカタログ(L(名)08268)」をご確認ください。
・GOT2000シリーズでプリンタ機能を使用する場合、3種類の方法があります。
 シリアルプリンタを使用する場合、内蔵RS-232インタフェースを使用してください。
 PictBrige対応プリンタを使用する場合、プリンタユニット(GT15-PRN)を用意してください。また、プリンタ本体の変更も必要です。
 Ethenetプリンタを使用する場合、内蔵EthernetインタフェースまたはEthernet通信ユニット(GT25-J71E71-100)を使用してください。

通信ユニット

*1 GOT2000シリーズ、GOT1000シリーズ用のユニットです。GOT800シリーズでは、使用できません。GOT本体と一緒に置き換えしてください。
*2 Aバス接続での置き換え機種がございませんので、接続シーケンサ、および、接続方法の変更必要です。
*3 GOT2000シリーズへ置換える場合、GOT本体のRS-422/485インタフェースが使用できます。
 GOT本体のRS-422/485インタフェースは、D-sub 9ピンコネクタになりますので、ケーブルの変更が必要です。
*4 GOT2000シリーズへ置換える場合、GOT本体のRS-232インタフェースが使用できます。
*5 MELSECNET/H通信ユニットへの置換えとなります。既存のMELASECNET/10に接続する場合は、MELSECNET/H通信ユニットをMELASECNET/10モードに設定して接続してください。
*6 CC-Link Ver.2通信ユニットへの置換えとなります。既存の CC-Link Ver.1へ接続する場合、CC-Link Ver.2通信ユニットを CC-Link Ver.1モードに設定して接続してください。
 A8GT-J61BT15から置き換えの場合、シーケンスプログラムの変更(ラダープログラムの削除)、画面設定の変更が必要です。
*7 GOT2000シリーズへ置換える場合、GOT本体のEthernetインタフェースが使用できます。

オプションユニット

*1 GOT2000シリーズ、GOT1000シリーズ用のユニットです。GOT800シリーズでは、使用できません。GOT本体と一緒に置き換えしてください。
*2 GOT2000シリーズへ置換える場合、GOT本体のRS-232インタフェースが使用できます。
*3 GOT2000シリーズでプリンタ機能を使用する場合、3種類の方法があります。
 シリアルプリンタを使用する場合、内蔵RS-232インタフェースを使用してください。
 PictBrige対応プリンタを使用する場合、プリンタユニット(GT15-PRN)を用意してください。また、プリンタ本体の変更も必要です。
 Ethenetプリンタを使用する場合、内蔵EthernetインタフェースまたはEthernet通信ユニット(GT25-J71E71-100)を使用してください。

表示器画面作成ソフトウェア

*1 GOT2000シリーズ、GOT1000シリーズ用の画面作成ソフトウェアです。メディアは、DVD-ROM版になります。
*2 GOT800シリーズの画面作成は、GOT800シリーズ用画面作成ソフトウェア(SW3NIW-A8GOTP)で編集できます。
 GOT800シリーズ用画面作成ソフトウェア(SW3NIW-A8GOTP)は、三菱電機FAサイトからダウンロードできます。

保存