ここから本文

 

Factory Automation

印刷用ページ

文字サイズ変更
 

三次元レーザ加工機

三次元レーザ加工機

三次元レーザ加工機とは

立体的な成型品の加工に適しているのが、三次元レーザ加工機の特徴です。自動車、農業機械、建築部品などの成形品のトリミングや穴開け加工に活用されています。

三次元レーザ加工機 FV Series

三次元レーザ加工機 FV Series
FV シリーズ

未だかつてない革新的パフォーマンスを凝縮させる。

生産性
クロスレールの両サイドをガントリーによって支えることで、動作時の振動を抑制し、さらなる高速、高精度加工が可能に。量産加工に大きく貢献する生産性を実現。
信頼性
自社製新型ファイバレーザ発振器搭載により、高信頼性と高生産性を両立。
さらに自社製制御装置とリモートサービス「iQ Care Remote4U」によって可能となる、発振器の稼働監視・予防保全を実現。
発振器5年保証* にも対応し、マシンダウンのリスクを極限まで抑制。
  • *当社指定のメンテナンス契約加入時
段取性
制御装置へのCAM機能搭載により、段取り時間を大幅に削減

三次元レーザ加工機 VZ10 Series

三次元レーザ加工機 VZ10 Series
VZ10 シリーズ

新たな三次元加工へ、比類ない速度と精度で挑む。

高速加工
一点指向型加工ヘッドを搭載。コーナ部での限界速度を向上し、高速加工が可能。新型制御装置の搭載で従来機比2倍に向上した回転軸移動速度と、加工速度の向上により、加工時間を最大40%短縮。(当社従来機比)
工程短縮
レーザ出力を最適制御して溶融金属の再付着を抑制するドロスリダクション制御を搭載。加工後のバリ取り工程を削減し、これまで費やしていた手間や時間を作業者に還元。
操作性
三次元加工の経路を指定するティーチングボックスの操作性を向上させることで、加工プログラムの修正などを含めた加工前の段取り時間を短縮。

三次元レーザ加工機 VZ20 Series

三次元レーザ加工機 VZ20 Series
VZ20 シリーズ

多様性と可能性へ、三次元に限りない情熱をこめる。

多様な加工
溶接および厚板切断への用途拡大が可能で、多彩な加工を提供。アシストガスに窒素を用いたステンレス鋼切断の場合、加工板厚は従来機比最大2.5倍に拡大し、厚板加工性能も向上。
オフセット型加工ヘッド
ワーク接近性に優れたオフセットヘッドをさらにスリム化、深絞り形状加工時の干渉領域を低減。スリムでワークや治具との干渉が少なく、深絞り成形品にも対応。
操作性
三次元加工の経路を指定するティーチングボックスの操作性を向上させることで、加工プログラムの修正などを含めた加工前の段取り時間を短縮。

三次元レーザ加工機 CV Series

三次元レーザ加工機 CV Series
CV シリーズ

三菱レーザの技術が結集。CFRP量産加工の新時代を切り拓く。

CFRP切断用の三軸直交形炭酸ガスレーザ発振器
発振器と増幅器を同一筐体に統合したIntegrated-MOPA方式の三軸直交形炭酸ガスレーザ発振器により、CFRPの微細加工を実現。CFRPの切断に適した急峻なパルスと高出力を両立し、既存工法の約6倍の加工速度を実現し、生産性向上に貢献。
当社独自のシングルパス加工ヘッド
高速のシングルパス加工や加工時に発生する高温の材料蒸気を効率的に除去できる加工ヘッドを搭載することで、三次元形状の高品位加工を実現。また、レーザの非接触加工により、工具の消耗や廃棄物の低減が可能となり、環境配慮やサステナビリティに貢献。
作業効率・メンテナンス性
制御装置に経路編集専用CAMを搭載し、生産現場での経路編集を可能とすることで、段取りなどの作業効率を向上。IoTを活用した当社リモートサービス「iQ Care Remote4U」により、生産体制や保守作業を支援。
ページトップに戻る