ここから本文

 

Factory Automation

印刷用ページ

文字サイズ変更
 

スパッタレスレーザ溶接ヘッド

強弱2つのレーザ光照射で溶融金属の飛散量を95%以上削減、溶接品質を向上

強弱2つのレーザ光照射でスパッタ(溶融金属の飛散)量を95%以上削減、溶接品質を向上

■強いレーザ光の周囲に弱いレーザ光を照射することにより、溶接速度にかかわらずスパッタ(溶融金属の飛散)を抑制します。
■レーザ光を伝送する光ファイバの出口に独自開発の集光光学系を設置するだけでスパッタ(溶融金属の飛散)を抑制します。
■10kWの高出力ファイバレーザを用いた溶接時において、スパッタ(溶融金属の飛散)量を95%以上削減し、溶接品質を向上します。

詳細はこちら

TH

強弱2つのレーザ光照射で溶融金属の飛散量を95%以上削減、溶接品質を向上

THシリーズは、火花が飛ばない溶接技術でスパッタ(溶融金属の飛散)量を極限まで抑制した製品です。

この製品に関するお問い合わせ
  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • よくあるご質問
  • カタログ請求

他のお問い合わせを探す

 
ページトップに戻る