ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

高調波引込み現象防止機能付開閉器(ハーモニックスセーバ)

製品特長

高圧進相コンデンサ投入時に発生する場合がある高調波引込み現象を防止します。

項 目形名:TES-GH1
電圧引外しの有無
操作方式 電動操作式
ストライカ引外し機構の有無 有(機械的)
使用条件 屋内垂直取付
定格電圧(kV) 7.2
短絡容量(kA) 12.5
定格耐電圧(kV) 60
定格電流(開閉器部)(A) 200
定格開閉容量 コンデンサ電流(A) 30(SR 付)
定格過負荷遮断電流(A) A1200(A:1回)
定格投入遮断電流(実効値:kA) A12.5(A:1回)
定格制御電圧(V) AC100/110
またはDC100/110
質量(kg) 24
適用ヒューズリンク CL-LB
適用定格電流(A) G5〜G50(7.2kV)
進相コンデンサの開閉回数(回) 5,000(SR30A以下)
適用高圧進相コンデンサ設備 20〜300kvar
(13%リアクトル付)

HARMONICS SAVER

高調波引込み現象防止機能付負荷開閉器ハーモニックスセーバ

「ハーモニックスセーバ」で投入時の高調波引込み現象を防止し、直列リアクトルで進相コンデンサの高調波対策を行う«名コンビ!!»

高調波引込み現象を防止する原理とその効果

高抵抗投入方式を採用、投入する抵抗値を最適化することで
調波引込み現象の防止を可能にしました。

高調波引込み現象を防止する原理
ハーモニックスセーバの効果

適用回路例

三菱電機三相自動力率調整装置 (VAR-□A)と 組み合せた場合の回路例

※この回路図は一例です。すべての動作を保証するものではありません。
ご使用にあたっては、必ずお客様にて動作確認を実施いただくようお願いします。

ハーモニックスセーバは電動操作式で、開閉回数は自動力率調整装置との組合せ使用を想定し、SR30A以下5,000回の開閉回数となっています。
5,000回は、ハーモニックスセーバの更新推奨時期15年間で、1日約1回の開閉を想定したものです。

ハーモニックスセーバの適用回路例