ここから本文

 

Factory Automation

印刷用ページ

文字サイズ変更
 

デマンド監視制御装置

デマンドとは…?

デマンド例

デマンド(需要電力)とは、30分間の平均電力のことをいいます。
この30分間の時間の区切りをデマンド時限(需要時限)と呼び、デマンド(kW)=30分間(デマンド時限)内の平均電力のことをあらわします。
右記例では、30分間の平均電力が400kWなのでデマンド値は400kWとなります。

電気料金の仕組み

電気料金の仕組み

毎月の電気料金は、「基本料金」と「電力量料金」で構成されています。
「基本料金」はその月の電気使用量に関わらず契約で算出される料金で、「電力量料金」はその月の使用量に応じて算出される料金です。
基本料金は、契約電力が基準となっています。契約電力は、過去1年間の最大デマンド(最大需要電力)に基づいて算出されます。

契約電力 500kW以上 500kW未満
契約 個別契約 実量制契約
契約電力を超過した場合 超過金を払う
契約電力が変更となる場合もある
契約電力=過去1年間の最大デマンドに自動的に変更

デマンド管理の必要性

デマンドが最大値を更新し、翌月低く抑えることができた場合の例

契約電力は、当月を含む過去1年間での最大デマンド値を基準とするため一度最大値を更新してしまうと、翌月以降デマンド(需要電力)を抑えることができても、1年間はそのままとなります。(注)
その1年間は、最大デマンドにより基本料金が算出されるため、高めの料金を支払うことになります。

注:契約電力が500kW未満の需要家様の場合です。

30分単位のきめ細かなデマンド管理が必要

デマンド監視、制御機器が必要

三菱デマンド監視機器がお役に立ちます!

三菱デマンド機器は、「デマンド(需用電力)」を常に監視し、必要に応じて、警告・負荷制御を行います。
また目標値を予め低く設定することで、契約電力を下げる省エネ活動のサポートも行うことができます。

三菱デマンド監視機器がお役に立ちます

三菱電機グループ全体の取り組み

取組み内容

三菱電機グループでは、契約電力500kW以上の大口需要拠点の電力使用状況を、マルチデマンドビューワを用いて本社一括・リアルタイムに監視し、グループ全体で最大デマンド値を抑制しています。

取組み目標

2011年夏期

 ◆法規制  : ピーク使用電力15%削減
 ◆自主目標 : 東京電力・東北電力管内で25%削減
 ◆対象   : 東京電力管内16拠点、東北電力管内2拠点

2012年以降は本社一括でのデマンド監視対象をグループ全体で68拠点に拡大し、より一層の省エネ活動を推進しています。

デマンド監視機器を使用したネットワーク網

デマンド監視システム概要

  • 全拠点のデマンド情報を10秒毎に収集し、Webブラウザで一覧表示
  • デマンドのトレンドをグラフ表示し、日次・月次の帳票作成
  • デマンドの増加傾向から、デマンド時限終了時(30分毎)でのデマンド値をリアルタイムに予測
  • 予測デマンド値が目標デマンド値を超える時、警告メールを発信
  • 現在デマンド値が目標デマンド値に近づき、事前に設定した警告ラインを超える時、警告メールを発信

本システムで使用したデマンド監視サーバ

マルチデマンドビューワ MES-DM500 PC-11B

ページトップに戻る