ここから本文

 

Factory Automation

印刷用ページ

文字サイズ変更
 

電力量計

特長

MODBUS RTU通信をラインアップ

近年高まっている電文化ニーズに対応するため、第1段階としてMODBUS通信仕様品をラインアップしました。
その後、汎用品として幅広くご愛用頂いておりますパルス出力品や、省配線で大規模ビルなどの各種システムに対応したB/NET伝送品を順次ラインアップ予定です。

30分ごとの電力量管理

30分ごとの電力量指示値(30分タイムデータ)を保持(当日含め45日分)し、MODBUS通信により30分タイムデータの取得が可能です。
お客様の上位装置と組合わせて使用することで、時間帯別使用量の確認が可能です。

  • ※ M8FM本体での30分タイムデータの確認はできません。

双方向計量計器をラインアップ

従来、順方向電流と逆方向電流を計測する場合、電力量が2台必要でしたが、双方向計量計器では、順方向電流と逆方向電流の電力量を1台で計測することが可能です。

双方向計量

検定有効期限等の計器データ管理

取引・証明用計器において、基準適合品(検定品は除く)は、検定有効期限をM8FM本体へ記憶しているため、お客様の上位装置と組合わせて使用することで検定有効期限の読み出しが可能です。
また、計量状態等の計器管理データも通信にて出力することが可能です。

  • 検定満了に伴う計器交換時期の把握や、計器の更新計画に役立ちます。
  • お客様にて検定持ち込みされた場合は、MODBUS通信によって検定有効期限をお客様の上位装置より登録することが可能です。
区分 内容 本体表示・出力
LCD表示※3 通信
計器管理データ 計量状態 (動作、無負荷、逆電流)
誤結線判別情報 (中性線誤接続、各相逆電流)
乗率※1
計器種別 (相線式、定格電圧、定格電流)
製造年
製造番号
検定有効期限※2
  • ※1 単独計器は乗率1として処理します。
  • ※2 基準適合品のみとなります。(検定品は除く)
  • ※3 単独計器の乗率はLCD表示しません。変成器組合せ計器のみ乗率はLCD表示します。

最大電流・最大電力の追加

電力量や各種計測データ(電圧・電流・電力・力率)の通信出力に加えて、最大電流と最大電力を記憶しますので、電気設備の負荷監視に最適です。

区分 内容 本体表示・出力
LCD表示 通信
計測データ 電力量 (計量値) ※1
電流 (現在値、最大値)
電圧 (現在値)
電力 (現在値、最大値)
力率
※2
  • ※1 変成器組合せ計器の場合、計量値に乗率を掛けて積算値を求める必要があります。
  • ※2 変成器組合せ計器の場合、VT一次側、CT一次側、VT・CT一次側の値となります。

表示部に誤結線判別機能を搭載

計器データ管理

設置前・更新後の計量値確認が可能

  • M8FM-BAT形電池モジュール(別売品)の接続により、計器が無通電状態でも計量値の読取りが可能です。
  • 電池モジュールは取付・取外しが可能です。
  • 電池モジュールはM8FMシリーズ全機種(M7FM-N3LTR形,M8FM-N3LTR形,M7FM-N3LT形,M8FM-N3LT形)ご使用頂けます。

仕様

選択した機種の仕様を表示します。

  単方向計量計器 双方向計量計器
単相2線式 M7FM-N3LTR M7FM-N3LT
単相3線式 M8FM-N3LTR M8FM-N3LT
三相3線式 M8FM-N3LTR M8FM-N3LT
計器の種類

項目
普通電力量計(MODBUS通信機能付)
単方向計量計器
形名 M7FM-N3LTR※1
相線式 単相2線式
耐候性能 屋内耐候
型式承認番号 4586 4588 4593
定格電圧 AC(V) 100、200 100、/110、200
定格電流(A) 30 120 /5
定格周波数(Hz) 50または60
計測データ 電力量(計量値)
電圧(現在値)、電流※2(現在値・最大値)、電力(現在値、最大値)、力率
電力量タイムデータ 電力量タイムデータ(1分/10分/30分) (電力量タイムデータは通信で設定)
負担
(平均値)
電圧回路 皮相電力
(VA)
1S-2S : 0.19 1S-2S : 0.19 P1-P2 : 0.20
電力損失
(W)
1S-2S : 0.19 1S-2S : 0.19 P1-P2 : 0.20
電流回路※3 皮相電力
(VA)
1S-1L : 0.03 1S-1L : 0.36 1S-1L : 0.01
電力損失
(W)
1S-1L : 0.03 1S-1L : 0.36 1S-1L : 0.01
乗率(電力量) 10の整数べき倍
設定 VT一次電圧、CT一次電流
LCD表示方向
通信仕様※6
表示 計量値 6桁液晶表示(□□□□.□□または□□□□□.□)※4、4方向取付に対応
状態表示 動作・無負荷・逆電流
誤結線判別 中性線
誤接続相 (誤接続相を表示)
外形寸法(mm) W100×H100×D75
重量(kg) 0.5 0.4
取付・接続方法 表面取付表面接続
準拠規格 JIS C 1211-1,2 電力量計(単独計器)
JIS C 1216-1,2 電力量計(変成器組合せ計器)
JIS C1102-2,3,5 電圧計、電流計、電力計、力率計(計測精度のみ適合)
停電補償 計量値:停電時に不揮発性メモリに記憶し、復電時に再表示
表示:停電時に消灯※5
時計:リチウム電池にてバックアップ(累積停電2年間)
端子カバー 標準装備
  • 備考1. 本体に内蔵している時計は、通電時 : 電源同期時計、停電時 : 水晶時計に自動で切替ります。
  • 備考2. 電圧回路の負担は(色文字)の定格電圧の値です。
  • ※1 M7FM-N3LTR形、M8FM-N3LTR形は単方向計量計器です。形名末尾のRは、逆方向電流の場合に計量しないことを示します。
    M7FM-N3LT形、M8FM-N3LT形は双方向計量計器です。受電電力量と送電電力量の計量値(累積値)を10秒ごとにサイクリック表示します。
  • ※2 単相3線式及び三相3線式の3-1間電圧及び2相電流は参考値となります。
  • ※3 電流回路の負担(平均値)は、定格電流50%の値です。
    (変成器組合せ計器は定格電流(5A)の値です)
  • ※4 計量値表示の桁区分は、
    全負荷電力10kW未満のとき、整数位4桁(□□□□.□□)
    全負荷電力10kW以上のとき、整数位5桁(□□□□□.□)表示となります。
  • ※5 電池モジュール(M8FM-BAT形)(別売品)を装着した場合、点灯します。
  • ※6 本体側で設定する項目は、通信速度/ストップビット/パリティ/スレーブアドレスとなります。
  • ※7 双方向計量計器の
    受電(↓)は電源端子側から負荷端子側へ電流の流れる方向を表します。
    送電(↑)は負荷端子側から電源端子側へ電流の流れる方向を表します。

MODBUS通信仕様

項目 仕様
通信方式 RS-485 2線式半二重通信
通信プロトコル MODBUS RTU(バイナリデータ転送)
同期方式 調歩同期
接続形態 マルチドロップ
通信速度※1 2400/4800/9600/19200/38400bps
(デフォルト:19200bps)
ビット長 8ビット
ストップビット※1 1ビット/2ビット(デフォルト : 1)
パリティビット※1 EVEN/ODD/NONE(デフォルト : EVEN)
スレーブアドレス※1 1~247(デフォルト : 1)
応答時間 クエリーデータ受信後、レスポンス送信まで1s以下
通信距離 最大(総配線)1200m
最大接続台数 31台
終端抵抗 110Ω 1/2W(外付け)
推奨ケーブル ケーブル種類 SPEV(SB)-MPC
単線 Φ0.5-1.2
より線 0.2-1.5mm2
フェルール端子※2 0.25-0.75mm2
  • ※1 各設定項目は、M8FM本体で設定する必要があります。
  • ※2 推奨フェルール端子はフェニックス・コンタクト株式会社製AI0.25-10となります。

MODBUS通信内容

項目 計測精度 内容
電力量(kWh) 普通級 計量値(受電・送電)
電圧(V)※1 1.0級※4 M7FM-N3LTR/M7FM-N3LT:1-2間電圧(現在値)
M8FM-N3LTR/M8FM-N3LT:1-2間、2-3間、3-1間電圧(現在値)
電流(A)※1 1.0級※4 M7FM-N3LTR/M7FM-N3LT:1相電流(現在値、最大値)
M8FM-N3LTR/M8FM-N3LT:1相、2相、3相電流(現在値、最大値)
電力(kW)※1 1.0級 電力(現在値、最大値)
力率(%) 2.0級 力率
電力量タイムデータ※2 1分/10分/30分電力量(送電・受電)
(電力量タイムデータは通信で設定可能)
計量状態 動作、無負荷、逆電流
誤結線判別情報 各相逆電流状態、中性線誤結線
製造年 西暦下2桁
製造番号 製造番号9桁
計器種別 相線式、定格電圧、定格電流
乗率※3 10の整数べき倍
(変成器組合せ計器)
検定満了情報 検定満了年月
※基準適合品のみ(検定品は除く)
  • ※1 VT一次側、CT一次側、VT・CT一次側の値となります。
  • ※2 電力量タイムデータを定期取得時に過去4レコード分を送信。時間指定のとき24レコードを送信。
  • ※3 単独計器は乗率1として処理します。
  • ※4 3-1間電圧及び2相電流は2.0級となります。
ページトップに戻る