ここから本文

 

Factory Automation

印刷用ページ

文字サイズ変更
 

電力量計

モバイル検針のご案内

活用事例付

モバイル検針で検針業務を効率化!!

検針読取り時間が70%短縮!!モバイル検針なら計量値を3秒/台で速攻読取り!

採用事例付き、Web限定の資料はこちらから

今すぐダウンロード!   »

従来の目視検針の課題を解決するモバイル検針

開発を担当した福山製作所では実際にモバイル検針を所内に導入し、導入効果を計測しました。
動画でわかりやすくご説明します。

特長 M8FMシリーズ(発信装置付)

現行機種のM8UMシリーズと取付・配線互換を有します

M8UMシリーズと端子配列及び取付ピッチは同一寸法にしていますので、M8UMシリーズからの更新が容易に行えます。

モバイル用検針モジュールと組合わせてモバイル検針が可能

  • Bluetooth® Low Energy通信により、お客様のモバイル端末(タブレット・スマートフォン等)へ使用電力量(計量値データ)が収集できます。
  • 誤検針(読み取りミス・転記ミス)の防止や検針データの管理をサポートします。
  • 電力量計から離れた場所でも検針が可能です。(見通し約10m)
  • 検定有効期限の取得が可能です。検定満了に伴う計器の更新計画に役立ちます。
  • モバイル検針アプリケーションはM8FM-S1Rシリーズ・M2PM-Rシリーズが混在した環境でもご使用いただけます。

※ 基準適合品のみです。

※ モバイル検針アプリケーションはApp Storeよりダウンロード(無償)が可能です。

※ モバイル検針アプリケーション(Android版)は配信(サポート)終了いたしました。

モバイル検針

テストパルス出力機能を搭載

  • テストパルス出力機能はM8FM-S1R形とパルス受量器との接続確認をサポートします。
  • テストパルス出力の操作(設定スイッチ押下)により、任意のタイミングでテストパルスが出力できるので、パルス受量器との接続確認が行えます。

※ 本機能は通電時のみ使用可能です。(電池モジュール(M8FM-BAT形)接続時は操作できません)

テストパルス出力

表示部に誤結線判別機能を搭載

誤結線表示例

設置前・更新後(取外し後)の計量値確認が可能

  • M8FM-BAT形電池モジュール(別売品)の接続により、計器が無通電状態でも計量値の読取りが可能です。

製品仕様を見る

ページトップに戻る