ここから本文

 

Factory Automation

印刷用ページ

文字サイズ変更
 

電力量計

M8HMシリーズ

特長

旧モデル(M8Pシリーズ)と取付・配線互換を有す

M8Pシリーズと外形・取付ピッチは同一寸法にしていますので、M8Pシリーズからの更新が容易に行えます。

注. 奥行寸法は1mm異なります。

B/NET伝送・MODBUS通信に対応

B/NET伝送モジュール・MODBUS通信モジュール
  • T分岐配線により施工性に優れたB/NET伝送、オープンネットワークに対応したMODBUS通信に対応します。
    M8HMシリーズの通信対応により、従来ラインアップになかった三相4線式・精密電力量計にも対応し、機種選定が容易に行えます。
  • 電力量や各種計測データ(電圧・電流・電力・力率)の通信出力に加えて、最大電流と最大電力を記憶しますので、電気設備の負荷監視が可能です。

<B/NET上位装置対応状況>

◎:対応(⾃動収集)、○:対応(⼿動収集)、-:未対応

区分 内容 B/NET上位装置対応状況
省エネデータ
収集サーバ
EcoServerⅢ
集中自動検針
システム
B-AMシリーズ
三菱B/NET
統合検針監視
システム
シーケンサ
インタフェース
ユニット
B-QIF/B-RIF
計器
管理
データ
計量状態
誤結線判別情報
計器種別
計測
データ
電⼒量(受電・送電)
無効電力量
30分電⼒量(受電・送電)
10分電⼒量(受電・送電)
1分電⼒量(受電・送電)
30分無効電力量
10分無効電力量
1分無効電力量
電流現在値
電圧現在値
電力現在値
無効電力現在値
力率現在値
電流最大値
電力最大値
無効電力最大値
接点入力情報
その他 B/NETアドレス自動設定
B/NETアドレス表示

※B/NET上位装置対応予定時期
省エネデータ収集サーバ : 23年1月対応予定  三菱B/NET統合検針監視システム : 来春対応予定

30分タイムデータ

30分タイムデータ

30分ごとの電力量タイムデータを保持(当日含め45日分)し、通信機能により30分タイムデータの取得が可能です。
お客様の上位装置と組合わせて使用することで、時間帯別使用電力量の確認が可能です。

※M8HM本体での30分タイムデータの確認はできません。

※データを収集するためには、B/NET伝送モジュール(M8HM-B形)またはMODBUS通信モジュール(M8HM-MB形)と組合せる必要があります。

モバイル用検針モジュールと組合せてモバイル検針が可能

  • Bluetooth Low Energy通信により、お客様のモバイル端末(タブレット・スマートフォン)へ使用電力量(計量値データ)が収集できます。
  • 誤検針(読取りミス・転記ミス)の防止や検針データの管理をサポートします。
  • 電力量計から離れた場所でも検針が可能です。(見通し約10m)
  • モバイル検針アプリケーションはM8HMシリーズ・M8FMシリーズ・M2PMシリーズが混在した環境でもご使用いただけます。

※モバイル検針は、単方向計器(普通・精密電力量計)のみ対応しています。(双方向計器(普通・精密電力量計)、無効電力量計は除く)

バイル用検針モジュールと組合せてモバイル検針が可能

テストパルス出力機能を搭載

テストパルス出力機能を搭載
  • テストパルス出力機能はM8HMシリーズ本体とパルス受量器との接続確認をサポートします。
  • テストパルス出力の操作(設定スイッチ押下)により、任意のタイミングでテストパルスが出力できるので、パルス受量器との接続確認が行えます。

※本機能は通電時のみ使用可能です。
電池モジュール(M8FM-BAT形)・停電時表示用電源モジュール(M8HM-TD形)接続時は操作できません。

無通電時の計量値確認が可能

停電時表示用電源モジュール
  • M8HM-TD形停電時表示用電源モジュール(別売部品)の接続により、無通電状態でも計量値の読取りが可能です。
  • 従来のM8Pシリーズ(補助電源端子付)のようにMA/MB端子への配線は不要です。

※計器取付前後の計量値確認は電池モジュール(M8FM-BAT形)をご使用ください。

双方向計量計器をラインアップ

双方向計量計器をラインアップ

従来、順方向電流と逆方向電流を計量する場合、電力量計が2台必要でしたが、双方向計量計器では、順方向電流と逆方向電流を電力量計1台で計量することが可能です。

誤結線判別機能を搭載

  • 単相3線式、三相4線式回路の中性線の誤接続を判別します。誤接続があれば計量値表示が点滅します。

表示例(単相3線式の接続例)

誤結線判別機能

製品仕様を見る

ページトップに戻る