ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

耐環境仕様(医薬品・食品対応)

耐環境仕様(医薬品・食品対応)

耐環境仕様の特長

酸・アルカリ洗浄液への耐性強化

  • 特殊コーティング(FDA(*1)適合)と特殊シールにより、過酸化水素ガスによる滅菌環境および、過酸化水素水による拭き取り洗浄にも対応
  • ステンレス材採用により耐腐食性を強化

NSF H1(*2)認証の食品機械用グリース採用

  • 食品機械用グリースの採用により、清潔性を向上

異物混入・残留を防ぐ表面形状

  • 特殊形状ボルトと滑らかな表面形状により日々の洗浄が容易

*1:米国食品医薬品局( Food and Drug Administration)
*2:米国NSF(National Sanitation Foundation)の衛生に関するガイドライン

耐環境仕様(医薬品・食品対応)対応表

項目 耐薬品仕様
(-SE01)(*1)
食品機械用
H1グリース仕様(-SE02)
NSF H1認証グリース適用
ロボット先端部 ステンレス材使用
特殊六角フランジボルト採用
筐体の耐薬品コーティング
外気に露出するシールのフッ素ゴム化
ジャバラ材質の耐薬品性向上
(RH-Fシリーズのみ)

*1:過酸化水素ガス(濃度120ppm)の滅菌環境及び、過酸化水素水による拭き取り洗浄(濃度6%)に対応

耐環境仕様の詳細

NSF H1認証グリース適用 (FDA適合)

  • 関節オイルシール部に食品機械用H1グリースを適用。(外気に露出するオイルシール部)

ロボット先端部にステンレス材を使用

ステンレス材適用

  • ロボット先端部のツールフランジをめっき品からステンレス材に変更することで耐腐食性を向上。

特殊六角フランジボルトの採用(カバー固定用ボルト)

特殊六角フランジボルト採用

  • 液体が溜まらない形状の特殊ボルトを採用することで、洗浄性を向上(ステンレス製)。
  • カバー固定用ボルトの周辺形状も清掃しやすいよう、溝加工を採用。

筐体の耐薬品コーティング(FDA、食品衛生法適合)

耐薬品コーティング

  • 筐体に耐薬品性を有する特殊コーティングを採用。

E:外気に露出するシールのフッ素ゴム化

  • 外気に露出するシール部(オイルシール、パッキン)に耐薬品性の高いゴムを採用することにより、食品・医薬品工場での洗浄性が向上。

ジャバラ材質の耐薬品性向上(RH-Fシリーズのみ)

ジャバラ材質の耐薬品性向上

  • ジャバラ部にフッ素樹脂を採用することで、耐薬品性を強化し、食品・医薬品工場での洗浄性を向上。