ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

製品特長

MELFA Smart Plus 製品特長

予防保全機能

稼働状態のトラッキングにより、ロボットの状態を管理し、効率的なメンテナンスを実現します。
(※ロボットコントローラ Ver.A3以降に対応)
■対象部品:保守部品(グリース、タイミングベルト)、オーバーホール部品(減速機、ベアリング、
ボールネジ、ボールスプライン)

    ■対象機種は「機能拡張オプション SmartPlus カタログ」をご参照ください。

タイプA

メンテナンスシミュレーション

実機、またはRT ToolBox3上でのシミュレーションにて、事前作成したロボットプログラムの動作パターンを繰り返した場合の
保守部品の交換時期やメンテナンス推奨時期を推定します。

メンテナンスシミュレーション画面

出力データ

  • グリースの補給時期までの年数(各軸)
  • タイミングベルトの交換時期までの年数(各軸)
  • オーバーホール部品のメンテナンス推奨時期までの年数(各軸)(※1)

(※1:オーバホール部品に関しては、減速機、ベアリング、ボールネジ、ボールスプラインの内、年数が最も短い部品の結果が表示されます。)

消耗度算出機能

  • ロボットの動作や姿勢に応じた稼働状況(電流値、負荷状況等)から、ロボット構成部品の消耗度(※2)を算出、保守点検・オーバーホールまでの期間を算出する機能です。
  • 従来の「メンテ予報画面」と比べ、より詳細な情報を確認することができます。

※2:各部品の消耗度は、ロボットの稼働状況より算出した保守点検計画をサポートするための参考値であり、寿命を保証するものではありません。
※3:GOTサンプル画面については、本三菱電機FAサイトよりダウンロードすることができます。
サンプルライブラリ MELFA FRシリーズ用 GOT2000 サンプル画面データ

消耗度算出画面