ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

垂直多関節形

垂直多関節形TOP

垂直多関節形の特長

  • 最適なアーム長さとより広い6軸関節可動範囲で複雑な組立、加工動作に対応します。
  • 小さなボディ、スリムなアームで大きな作業エリアと高可搬質量を実現しました。
  • 機械部品の搬送から、電気部品の組立まで幅広いレイアウトに対応します。
  • 耐環境仕様により、設置環境を選ばず幅広い用途に適用可能です。

知能化技術

知能化技術紹介

精度の高いビジョンセンサやロボットで力加減を制御する力覚センサなどを活用することにより、
いままで自動化できなかった難易度の高い作業を自動化します。

主な知能化技術

  • 力覚センサ:押付け力、挿入時の力状態をチェックし、作業品質を向上。
  • 三次元ビジョンセンサ:バラ置き、重なり状態のワークキッティング、分別作業。
  • 二次元ビジョンセンサ:設定ツールで簡単にキャリブレーションを実施。
  • 干渉回避:2台のロボットの間の接触を防止。(iQ Platform対応)
  • 協調制御:2台のロボットで長尺物、重量物を搬送。(iQ Platform対応)
  • 多機能ハンド:サイズの異なる多品種ワークのハンドリングを実現。
  • トラッキング:コンベアを止めずにコンベア上のワークにロボットが追従しながら作業。
  • その他、軌跡精度向上機能、特異点通過機能などの機能があります。
    知能化技術の詳細については、FRシリーズカタログをご覧ください。

専用モータによる高速動作

専用モータによる高速動作

専用モータ、高剛性アームおよび独自の駆動制御技術により、高回転で高トルク出力を可能とし、動作性能の向上を実現しました。
連続動作性も向上し、サイクルタイム短縮による生産性の向上が 図れます。

設置領域のフル活用

ロボット配置検討の自由度が向上します。背面含めた全周アクセスでスペースを有効に活用できます。
移動距離を短くすることで、タクトタイム短縮が図れます。

設置領域のフル活用

ケーブル干渉防止

  • 先端軸にハンド配管内装経路を準備。ハンド取付け部まで配線・配管が内装可能です。
  • 配線・配管の内装化により、配線・配管と周辺機器との干渉領域が最小化でき、配線・配管の絡みの問題を解消しました。

ケーブル干渉防止

事例動画

本サイトの事例集ページにて、導入事例を動画でご覧いただけます。