ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

MELSOFT iQ AppPortal

MELSOFT iQ AppPortal

全ての資産を効率的に一元管理し、さらなる工数削減へ!
MELSOFT iQ AppPortalは、MELSOFT製品のプロジェクトファイルや設計図面・ドキュメントなどを、目的ごとにまとめて管理できるソフトウェアです。
ファイルの登録はドラッグ&ドロップの簡単操作で可能。登録後は編集履歴を簡単に残すことができ、編集履歴の閲覧・過去データの取得も簡単です。 また「ブランチ作成機能」と「リビジョングラフ」により、データの流用作成時も流用開始時期や流用元と流用先が一目で分かるため、流用開発・管理にかかる工数を削減できます。

■ ソフトウェアダウンロード

  • 最新版・アップデート版
           

MELSOFT iQ AppPortalのできること

資産(各種ファイル)の編集履歴を保存しておくことができます!

最新の資産や過去の資産をいつでも取り出すことができます。

他の人が編集した資産に上書きしようとすると、警告が出ます!

他の人の編集内容へ知らず知らずのうちに上書きしてしまうといった失敗は起こりません。

図:お客様の作業フロー

図:資産を社内サーバに配置し、複数端末から同じ資産を参照

資産を社内サーバに配置することで、どの端末からも同じ資産を参照できます。
なお、1つのパソコンにクライアント/サーバの両機能を入れることもできます。

1.登録

エクスプローラからiQAppPortalに登録したい資産をドラッグ&ドロップすることで登録できます。

図:登録したい資産をドラッグ&ドロップで登録

アプリケーション単位でまとめて管理できます。

2.閲覧 検索

フィルタや文字列検索で、必要な資産を素早く、簡単に見つけることができます。

図:検索機能の種類

図:プロパティ

プロジェクトを開かなくても、MELSOFTの資産情報を閲覧/検索できます。

3.活用

編集したいファイルをダブルクリックすると対応するツールが起動します。

図:編集したいファイルをダブルクリックすると対応するツールが起動

他の人の編集した最新ファイルを上書きしようとすると、サーバへのアップロード時に警告が出ます。
そのため、知らず知らずのうちに他の人の編集内容を上書きしてしまうといった失敗は起こりません。

4.履歴管理

変更した資産の履歴をコメントと共に残すことができます。
また、履歴から過去のバージョンのファイルを取り出すことができます。

図:履歴管理

今までファイル名などを工夫していた履歴管理が簡単になります。

MELSOFT iQ AppPortalの便利な使い方

登録されたアプリケーションを流用して、新しいアプリケーションを簡単に作成できます!

図:ブランチ作成

別フォルダーとして管理することで、類似したアプリケーションの並行開発ができます。

ブランチ作成機能で作成したアプリケーション間の関係を、リビジョングラフで確認できます!

いつ、どのアプリケーションからブランチ作成したかを一目で把握できます。

図:リビジョングラフ

アプリケーション間の親子関係や派生のタイミングが把握できることで、流用開発/管理が簡単になります。