ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

コードリーダ

CF26 CF37
様々なコードの読み取りが可能

コードリーダは、COGNEXが開発した二次元コード読取りアルゴリズムPowerGrid™と一次元コード用画像処理アルゴリズムHotBarsⅡ™を搭載しています。PowerGrid™により、損傷の激しいコードや、検出パターン、クロッキングパターン、クワイエットゾーンが消失した二次元コードでも安定して読み取れます。また、HotBarsⅡ™により、反射や傷、印字不良のあるコード、0.8画素解像度の細かい一次元コードを読み取れます。

難しい条件でも確実な読み取り

高輝度照明・偏光フロントカバー・リキッドレンズの組み合わせにより、良好な読み取り条件を作り出します。離れたコード、高速アプリケーション、曲面、光沢、反射が強い面、鏡面などにマーキングされたコードでも安定して読み取ります。

曲面上に記載されているコードの画像
曲面上に記載されているコード
光沢・反射面が強い面にあるコードの画像
光沢・反射面が強い面にあるコード
高速移動中のコードの画像
高速移動中のコード

位置や高さの異なる場所にあるコードの読み取りが可能

コードリーダの視野が広く、独自アルゴリズムを搭載しているため、コードの位置や深さが異なる場所にあっても読み取れます。同一ラインに流れてくる高さの異なるダンボールなど、コードの位置が違う場所に記載されている場合に有効です。

CF26 CF37
設置が容易で立上げコスト削減

オートフォーカス機能搭載

コードリーダのボタンを押すだけで、すばやく最適なフォーカスを自動で設定します。フォーカスの設定を手動で調整する必要がないため、立上げ作業を簡単に行えます。

一体型のコードリーダ

  • 高出力照明を内蔵

4つの高輝度赤色LED照明がコードを明るく照らすことで、最適な照明条件を作り出します。コードリーダ一体型照明のため、照明の角度調整を行う必要がありません。また、本体の他に照明を準備する必要がないため、コスト削減になります。

  • リキッドレンズ

レンズにはリキッドレンズを使用しており、摩耗や機械的な故障の生じる可動部品がありません。そのため、メンテナンスコストを削減できます。

CF26 CF37
設置条件に合わせたカスタマイズ

設置スペースに合わせて形状変更が可能

「ストレート」、「ライトアングル」と形状を変更できます。設置スペースに合わせて形状を変更することで、壁際や配線の向きに制限がある場所でも設置できます。

コンパクトな手のひらサイズ

CF26-SRは44.0×22.5×79.3(mm)のコンパクトサイズなため、狭い設置場所でも使用できます。

CF26 CF37
ハイダイナミックレンジ(HDR)画像処理

最新のCMOS画像センサテクノロジを使用して画像全体の品質を高め、深い被写界深度、高速ライン処理、高いコード処理を実現します。
HDR機能非搭載の機種では低コントラスト画像となり、読み取れないコードでも、CF37ではHDR機能を用いることで濃淡差を出せるため、読取りが可能となります。

CF26 CF37
高分解能

CF26に比べてさらに高解像度となり視野範囲が広がりました。広範囲の視野でコードの読み取りが可能なため複数コードの一括読取りや位置のバラつき、高さが違う対象物のコードの読み取りなどを1台で対応できます。

CF26 CF37
高速なデコード

マルチコアプロセッサ、高速なエンジンを搭載することで読取りスピードの向上を実現しました。高速ベルトコンベア搬送中のコード読み取りになどに活用できます。