ここから本文

Factory Automation

 

FAデータ分析サービス

お客様の工場稼働データを分析して課題解決を支援

データ分析支援サービス

お客様の課題を共有し、当社アナリストがリアルタイムデータアナライザを使って分析します。
分析結果はレポートや診断ルールの設定例としてご提出いたします。

こんな方にお勧めします!

  • 分析知識の習得や分析にかける時間がないため、外部にデータ分析を依頼したい方
  • 自社のデータを専門家に分析してもらい、その分析プロセスを知りたい方
  • リアルタイムデータアナライザで診断ができるルールを提案してほしい方

分析レポートの概要

分析レポートのイメージ

[拡大画像を表示]

  • 導入
    • プロジェクトの背景や目的
  • 分析の概要
    • 分析対象データの概要
    • データ加工の考え方、加工方法
    • データ分析手法の概要
  • 分析結果
    • 分析結果のご説明
    • 実施分析内容詳細
  • ご提案
    • 分析結果に基づいた改善提案や課題提起
    • リアルタイムデータアナライザによる診断提案
※上記は一例です。お客様のケースに合わせて構成・内容を調整させていただきます。

サービス活用事例

品質向上

事例① 大手機械メーカー様 金属切削精度の向上

金属切削の加工精度を悪化させている要因を特定して、品質を向上したい。

切削時の約60種類のデータを分析して、加工精度に影響する5種類の要因を抽出。 今まで知らなかった知見を蓄積でき、約30%の加工精度向上。
歩留まり向上

事例② 大手機械メーカー様 金属塑性加工の治具異常検出

金属塑性加工で、加工治具の欠けにより発生する製品ロスを減らしたい。

装置データを分析し、加工治具の欠けと関連する要因があることを特定。 加工治具の異常を検出することで、約20%の製品ロス削減が可能に。
予兆検知

事例③ 大手リチウムイオン電池メーカー様 極材塗布厚の異常予兆検知

極材塗布厚のばらつきを予兆検知することで、目視検査工程のコストを削減したい。

塗布機の約130種類のデータから、塗布厚のばらつきに関連する4つの要因を抽出。 ばらつきの予兆を検知し、検査工程のコストを大幅削減することが可能に。
お問い合わせ方法 最寄りの弊社支社/代理店へお問い合わせください。
お問い合わせの際は、下記のヒアリングシートをご記入・ご提出いただけるとスムーズです。

ご注意事項

  • 本分析サービスは、お客様が弊社製品をより有効活用できることを目的とした支援であり、分析結果を保証するものではございません。
  • お客様が本分析結果を用いて行った行為により損害が発生した場合、弊社では責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 分析の目的やご提供いただくデータによっては、お客様の希望する分析支援を行えない可能性があります。