ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

設備設計効率化ソリューション

設備設計をスマートに!!

エンジニアリングチェーンは「設計フェーズ」と「製造・運用・保守フェーズ」で構成されています。e-F@ctoryにおけるスマート工場エンジニアリングでは、「当社エンジニアリングツール」と「パートナ製品」とを連携させることにより、システム設計から立ち上げ、メンテナンスの効率化を可能にしていきます。

設計時間の短縮

設計現場のホンネ

同じデータをツールごとに何度も入力したくないなぁ…。

エンジニアリングツール間のデータ連携による設計時間の短縮、品質向上!

プログラムの自動生成もできるため、プログラム作成工数を削減し、設計時間の短縮を実現 します。

従来の設計フェーズ

従来の設計フェーズ

電気設計データ流用による制御設計効率化

電気設計データ流用による制御設計効率化

電気CADのPLC I/O回路図(信号線名称及びユニット構成)を iQ Worksに読込み、
グローバルラベルやユニット構成設定に反映可能

ロボットシミュレータの活用によるロボットプログラムの自動生成

ロボットシミュレータの活用によるロボットプログラムの自動生成

3Dシミュレータでオフラインティーチングすることで、
品質の良いロボットプログラムを自動生成。

  • 重複作業を省き作業効率UP

  • プログラミング設計工数の削減と
    実機検証の効率化

  • 人的ミスによる設定誤り、漏れの解消

  • モデルベースデザインツール活用による
    制御ロジックの効率的な作成

電気設計データ流用による制御設計効率化

当社FA機器マクロデータを活用した電気CAD図面の作成効率化

図研様製品 E3.series、EPLAN様製品 EPLAN Electric P8向けに三菱FA機器のマクロデータを提供しています。
端子名称・種別や機器サイズなどの情報を含むマクロデータをダウンロードし、盤図面に貼り付けることができるため、図面を簡単に作成することができます。信号の接続の整合性のチェックや盤内の干渉チェック、配線長の算出も可能です。
マクロデータは、低圧遮断器やシーケンサ、駆動機器、表示器GOTなど約3,200機種を登録しており、今後も順次拡充していきます。

EPLAN Data Portal(EPLAN Electric P8に統合) E3.plus

EPLANチュートリアル

MELSOFT iQ Worksと電気CAD EPLAN P8間のデータ交換を動画で紹介します。

電気設計の配線、信号名称などのデータ連携による設計工数削減、品質向上

電気CADの信号定義した名前をMELSOFT iQ-Worksのプログラミング変数となるラベルにエクスポートすることができます。
これにより、電気CADの信号名称を流用し、工程間の設計データをシームレスに扱うことで、設計効率向上、品質向上ができます。

MELSOFT iQ Worksについて詳しくはこちら

EPLAN Electric P8用マクロデータEPLAN Data Portalはこちら 

図研 E3.series用マクロデータ E3.plusはこちら

電気CADの信号名称をiQ Worksシステムラベルインポート/エクスポート

ロボットシミュレータの活用によるロボットプログラムの自動生成

各社ロボットシミュレータ上でオフラインティーチングを実施したロボットの各軸の情報からロボットプログラムを自動生成することができるため、ロボット制御設計・検証にかかる工数を大幅に削減できます。

MELSOFT RT ToolBox2について詳しくはこちら

産業用ロボットMELFAについて詳しくはこちら

MELSOFT Navigator

DELMIA 3Dエクスペリエンス画面

DELMIA 3Dエクスペリエンス画面を動画で紹介します。

モデルベースデザインツール活用による制御ロジックの効率的な作成

  • MATLAB(統合開発環境としての数値計算言語)、Simulink(モデルベースデザインツール、シミュレータ)で設計・検証した演算結果(モデル動作)から、C言語コントローラ用のソースコードを自動生成することが可能です。

4.モデルベースデザインツール連携

適用範囲

  • 水のpHコントロール
  • 薬品の温度制御
  • 炉の液面制御 など

パートナー・ソリューションご紹介

お客様に最適なソリューションをご提案するため、三菱電機は多くのパートナーメーカーとのコラボレーションを展開しています。パートナー・ソリューションはこちらでご覧ください。

e-F@ctory Alliance

 ■ 関連資料

紹介リーフレットはこちら
作成:2019年3月
容量:1.52MB(PDF)

この製品に関するお問い合わせ 購入に関するお問い合わせ 仕様・機能に関するお問い合わせ ウェブサイトに関するお問い合わせ よくあるご質問
カタログ請求
他のお問い合わせを探す