Factory Automation

設備設計効率化ソリューション

各種CADや3Dシミュレータとの連携などにより、設備設計フェーズのエンジニアリング工数の削減、品質向上を実現します。

電気CAD連携

当社FA機器マクロデータを活用した電気CAD図面の作成効率化

図研様製品 E3.series、EPLAN様製品 EPLAN Electric P8向けに三菱FA機器のマクロデータを提供しています。
端子名称・種別や機器サイズなどの情報を含むマクロデータをダウンロードし、盤図面に貼り付けることができるため、図面を簡単に作成することができます。信号の接続の整合性のチェックや盤内の干渉チェック、配線長の算出も可能です。
マクロデータは、低圧遮断器やシーケンサ、駆動機器、表示器GOTなど約3,200機種を登録しており、今後も順次拡充していきます。

EPLAN Data Portal(EPLAN Electric P8に統合) E3.plus

EPLANチュートリアル

電気設計の配線、信号名称などのデータ連携による設計工数削減、品質向上

電気CADの信号定義した名前をMELSOFT iQ-Worksのプログラミング変数となるラベルにエクスポートすることができます。
これにより、電気CADの信号名称を流用し、工程間の設計データをシームレスに扱うことで、設計効率向上、品質向上ができます。

MELSOFT iQ Worksについて詳しくはこちら

EPLAN Electric P8用マクロデータEPLAN Data Portalはこちら 

図研 E3.series用マクロデータ E3.plusはこちら

電気CADの信号名称をiQ Worksシステムラベルインポート/エクスポート

MC Works64と電気CADを活用した、故障診断と予防保全

エラー箇所からの復旧手順、該当図面の自動表示により、ダウンタイム短縮が可能となります。MC Works64上に表示されたエラー箇所をダブルクリックすると、該当する盤CAD図面が自動的に開き、エラー箇所の配線など画面上で簡単に確認できます。

パートナ様製品ご紹介

EPLAN Electric P8(EPLAN Software & Services株式会社)

世界の主要な部品メーカーのデータが登録された部品のポータルサイトを運営。このサイトに、各部品メーカーが、自社部品データの提供を行っているので、信頼が高く、常に最新のデータをEPLANユーザーは利用することができます。また、データの利用はサイトからのダウンロードではなく、ドラック&ドロップで直接配置が可能です。

EPLANチュートリアル

E3.series(株式会社図研)

電気制御・ケーブリング設計に新しい力!
E3.seriesは、「正しく早く」を簡単に実現できる最先端の電気制御設計用CADです。従来の作図型CADでは無く、設計データを統合管理できる設計DB型CADです。
三菱電機FA製品マクロデータを活用することにより、高品質な図面作成と大幅な設計の自動化を簡単に実現することができ、さらに強力な盤設計機能により、製造工程まで含んだ効率化が可能となります。

ECAD dio(株式会社ワコム)

ECADシリーズは30年の実績を持つ、国内導入実績NO.1の純国産電気設計CADです。設計者の思考をダイレクトに反映する快適な操作性と、ユーザーの設計環境に合わせて選べる幅広いラインナップで、数多くの設計現場に採用されてきました。
三菱電機社製FA機器部品をはじめとする数十万点の豊富なマクロデータをサポートWebサイトからいつでもダウンロードでき、回路図面や外形図面を素早く、確実に描くことができます。