LOADING...

ここから本文

CC-Link IE TSN

生産現場とITシステムを融合する
オープン統合ネットワーク

TSN技術の活用と通信プロトコルの刷新により、生産現場の様々な機器からリアルタイムにデータを収集し、新たな付加価値を創出するITシステムへ、シームレスな通信を実現するネットワーク「CC-Link IE TSN」

CC-Link IE TSNは、サイクリック通信でリアルタイム性を保証した制御を実施しながら、ITシステムとの情報通信が混在可能なネットワークです。多様な機器を用いたフレキシブルなシステム構築が可能で、優れたメンテナンス機能を備えているため、工場全体のIIoTインフラ構築に最適なネットワークです。

  • *TSN:Time Sensitive Networking
  • *IIoT:Industrial Internet of Things
CC-Link IE TSN
CC-Link IE TSN

Performance

定時性を必要とするシステムに
最適な高速・大容量通信

今日の生産現場では、生産性と品質の向上が求められているため、高速で安定した制御を実施しながら、ITシステムへ大容量のデータを送信して、AIや予知保全に活用できるネットワークが不可欠です。CC-Link IE TSNは通信方式を刷新して通信性能の大幅な向上を実現しているため、高速なI/O制御に加えて高精度なモーション制御も可能です。

CC-Link IE TSN

Performance

高速・大容量通信対応プロトコルとTSN技術の融合 CC-Link IE TSNは高速サイクリック通信を実現するプロトコルとTSN技術を組み合わせたネットワークです。今日の生産現場では大容量の情報データ伝送と共に高速・安定した制御通信が求められています。TSN技術の採用により、機器の運転に必要な制御通信に影響を与えることなく、TCP/IPを混在できます。さらに高速・大容量通信を実現するプロトコルにより、タクトタイムを短縮し生産性を向上できます。

  • ・標準Ethernetをベースとしたリアルタイム制御
  • ・制御通信に優先的に帯域を割り当て
  • ・同一幹線上で複数プロトコルを混在
  • ・時分割方式と双方向通信による高速通信周期
CC-Link IE TSN
CC-Link IE TSN

Performance

CC-Link IE TSN
  • ITシステムと統合しても、制御通信のリアルタイム性を確保
    TSN技術を活用することにより、ITシステムに必要な情報通信を混在しても、制御通信の定時性が確保できます。広い通信帯域を、CC-Link IE TSN通信とTCP/IP通信に割り当てることで、CC-Link IE TSNの制御通信のリアルタイム性を確保したまま、汎用Ethernet通信機器を1つのネットワークに統合できます。

  • 通信性能が異なる機器が混在したシステムの通信周期最適化
    高速・高精度な制御に適した高速通信機器と、状態監視に適した低速通信機器を混在できます。機器の通信周期を各機器に合わせて調整し、機器の機能に応じた最適な通信周期を実現できます。例えば、高速・高精度な制御が必要となるスレーブ機器とは速い通信周期で通信し、状態監視など低速通信でも十分なスレーブ機器とは遅い周期で通信します。

Intelligence

優れたネットワークテクノロジーにより、ダウンタイムおよび立上げ時間の短縮、セキュアかつ安全なシステムの構築を実現

産業通信ではトータルコスト削減のため、システムの簡単な構築やメンテナンスができるインテリジェントなネットワークが必要です。CC-Link IE TSNは、システム構成図の自動生成や、ネットワークパラメータの一括配信など様々な便利な機能に対応しており、システムの開発コストやメンテナンスコストを大幅に削減できます。

CC-Link IE TSN

Intelligence

多様な機能で使いやすい通信ネットワークを実現 CC-Link IE TSNはGX Works3やSNMPを使用する他社製監視、診断ツールに対応し、広範な診断機能を活用できるネットワークです。また、パラメータをマスタユニットから自動配信することによりスレーブ機器の立上げが簡単になり、工数の削減につながります。

  • ・広範なメンテナンス機能とネットワーク機器の簡単立上げ
  • ・SNMPを使用した他社製監視ツールに対応
  • ・スレーブ機器パラメータの自動配信
  • ・正確な時刻によるイベント履歴で簡単に診断、
    トラブルシューティング
CC-Link IE TSN
CC-Link IE TSN

Intelligence

CC-Link IE TSN
  • TSN技術とプロトコル階層
    CC-Link IE TSNは、時刻同期および時分割技術と、通信フレームを最適化した時分割方式プロトコルにより、高性能・高機能な制御通信を実現するとともに、その他のEthernet通信との混在を可能にします。さらに、診断機能にEthernet標準プロトコルSNMPを採用し、汎用Ethernet機器や診断ツールの活用を容易にします。

  • 立上げやメンテナンス性を向上する様々なツールに対応
    CC-Link IE TSNは、GX Works3を用いて、ネットワークおよび対応機器の設定、プログラミングから診断まで対応可能です。加えて、SNMP対応の他社製汎用ツールも使用できるためネットワークのメンテナンス性を向上できます。

Connectivity

自由度の高いネットワークと多彩な機器で最適なシステムを構築、一般・モーション・安全制御の各ネットワークを統合

より高度なものづくりの実現のためには、リアルタイム性を確保しながら様々な機器と接続できるネットワークが必要です。CC-Link IE TSNは、汎用Ethernet通信と制御通信の混在を可能とし、制御通信に影響を与えることなく汎用Ethernet機器との接続が可能です。また、様々なトポロジに対応したネットワークの構築が可能なため、柔軟なIIoTシステムを構築できます。

CC-Link IE TSN

Connectivity

ネットワーク全体でシームレス通信 TCP/IP通信によるITデータとCC-Link IE TSNによる制御データの統合により、ネットワーク全体でシームレスな通信を実現できます。ビジョンセンサの画像データのような大容量のITデータの転送は、制御データの転送に影響を与えません。同時に、複数の機器から連続したデータを送る人工知能(AI)を使ったエッジコンピューティングを使った高度な予知保全アプリケーションも共存できます。

  • ・接続機器の性能に応じたフレキシブルなシステム構築
  • ・ライン型、スター型、リング型*1など使用環境に応じ
    たトポロジが選択可能
  • ・汎用Ethernet機器の活用
  • *1. 将来対応予定
CC-Link IE TSN
CC-Link IE TSN

Connectivity

CC-Link IE TSN

OPC UAなどITシステムとの通信や、様々なプロトコルに対応した機器との通信を融合したスマート工場の実現
上位ITシステムから下位センサシステムまでのネットワーク階層を意識せず、シームレスなネットワークが実現できます。1つのネットワークで様々なシステム構築が可能なため機器コストとソフトウェアコストを削減できます。

Application

CC-Link IE TSN
  • リチウムバッテリー
  • 自動車
  • 食品
  • 印刷機

生産現場とITシステムのシームレスな通信により
IIoTネットワークが実現します。

  • CC-Link IE TSN コンセプト動画(IIoT編)
    最小コストで最適なIIoTシステムを構築

  • CC-Link IE TSN コンセプト動画(駆動編)
    モーション制御とTCP/IP通信を統合しながら生産性を向上

開発ツール

  • マスタ局用ソフトウェア開発キット(SDK)将来対応

    • ・PC上で動作するソフトウェアプロトコルスタックです。高性能なPC、安価なPCに関係なく、様々なシステムを構築できます
    • ・CANopen®準拠のAPIです。CANopen®対応製品を開発したお客様が容易にCC-Link IE TSN対応機器を開発できます
    • ・ソースコード同梱版はお客様にてカスタマイズできます。機能拡張や異なる開発環境への移植が可能です。
      また、ライブラリ提供版は安価にシステムを構築できます
    • ・TCP/IP通信混在や複数周期混在など、装置の付加価値向上を実現する機能を搭載しています
  • リモート局用ソフトウェア開発キット(SDK)

    • ・ソフトウェアプロトコルスタックの動作に必要なリソースが小さいため、低コスト機器向けのマイコンでも動作が可能です
    • ・ログ機能を使用することで、お客様のデバッグ時にプロトコルスタック内のエラーや処理状況がトレースできます
    • ・すべてソースコードで提供され、API、ラッパ層を用意しているため、お客様の開発環境へ容易に移植できます
    • ・CC-Link IEフィールドネットワーク Basicのリモート局用サンプルコードと互換性のあるAPIのため、CC-Link IEフィールドネットワーク
      Basic対応製品を開発したお客様が容易にCC-Link IE TSN対応機器を開発できます
  • GbE-PHY内蔵通信LSI CP620

    • ・プロトコルを意識することなく、CC-Link IE TSNのリモート局を開発できます
    • ・GbE-PHYを一体化していますので、通信回路パターン設計が容易です。また、CPUやGbE-PHY周辺の部品、回路が少ないため、
      開発する基板をコンパクトにできます
    • ・お客様のハードウェア仕様やアプリケーションに応じて、カスタマイズできるサンプルコードを提供します
    • ・ハードウェアRTOSを搭載していますので、CPU負荷を低減でき、開発機器の低消費電力を実現します
close
close
close

MENU