ここから本文

Factory Automation

 

iQ Sensor Solution(iQSS)

iQSS つながる!見える!センサ制御を、もっとシームレスに!

連携強化でTCO削減

生産現場に解決したい課題、ありませんか?

センサの設定 専用ツール連携

設定する項目が増え、センサが複雑・高度化したことで、管理する手間が増える。

1つのソフトウェア上で全てのセンサを設定できます
• エンジニアリング工数、費用削減  • 様々なメーカーのセンサを1つのインタフェースで設定可能

ラベルの作成 簡単プログラミング

センサごとのラベル入力やプログラミングが必要で、別々のマニュアルを確認しなければいけない。

メーカーが提供しているデータをインポートするだけで、ラベルの自動生成ができます
• センサごとに別々のマニュアルを参照する手間を省略  • ラベル作成工数を削減

センサの状態把握 センサモニタ

センサの状態やセンシングレベル、測定値の確認に時間がかかる。

監視機能でセンサの異常にいち早く気づき、対処できます
• センサ状態を確認する時間を短縮      • センサの異常をいち早く把握
• 現場にいなくてもセンサの状態を診える化  • 装置内のセンサを簡単モニタ

パラメータのバックアップ/リストア バックアップ/リストア

ライン複製

ラインを増設する場合、既存ラインの各センサのパラメータを個々に設定する必要があり、複数ライン作成に時間がかかる。

段取替え

1つのラインで複数の製品を生産する場合、製品が変わるたびにセンサのパラメータを設定する必要があり、段取替えに時間がかかる。

センサ交換

センサが故障した場合、センサを入れ替えるだけでなく、入れ替えたセンサのパラメータを再設定する必要があり、システム復旧までに時間がかかる。

製品ごとにパラメータをSDメモリカードにバックアップできるため、一括で設定を書き換えられます
• システムを簡単に変更  • センサごとの設定変更が不要なため、設定の手間を削減
• 一括で設定の書換えができるため、設定工数を削減

TCO削減のための様々な特長

開発コスト削減

簡単立上げ

接続されているセンサを検出して、システム構成図を自動生成します

簡単プログラミング

センサのラベル名情報は、異なるメーカーでも簡単にインポートできます
ラベル名の手入力は不要です*1
またファンクションブロック(FB)、サンプルラダー、サンプル画面を使用することで、簡単プログラミングができます

*1. Ethernet、CC-Link IEフィールドネットワークでは対応していません。
専用ツール連携

エンジニアリング環境から各センサの専用ツールやマニュアルを起動できます

生産コスト削減

簡単チューニング

エンジニアリング環境や表示器(GOT)から異なるメーカーのセンサを統一した操作でパラメータ設定できるので、作業時間を短縮できます

保守コスト削減

センサモニタ

iQSS対応パートナーセンサを1画面で表示できるので、監視の目が行き届きます

バックアップ/リストア

iQSS対応パートナーセンサの設定をシーケンサのSDメモリカードにバックアップ/リストアできます

簡単ロギング(将来対応)

センサのデータをシーケンサのロギングデータとして登録できます
ロギング機能のないセンサのデータ管理、分析ができ、トレーサビリティーが向上します