ここから本文

Factory Automation

 
文字サイズ変更

トータル保全ソリューション

機器から装置、ラインまで。
トータル保全で、止まらない工場へ。

経営環境が目まぐるしく変わる中、突発的な設備停止による企業収益への影響は甚大であり、
止まらない工場の実現を目指して計画的な設備保全を実施するケースが増えています。
一方で、ベテラン保全員の専門知識の継承も、製造業においては大きな課題となっています。

トータル保全ソリューション
紹介動画

現状の課題

  • 寿命を有する部品の突発故障により生じる設備停止を防ぎたい
  • 部品や工具をそれぞれ限界まで使用することでコスト削減を実現したい
  • トラブル時の原因究明を早く効率よく行うことで、生産への影響を最小限に抑えたい

トータル保全
ソリューション導入後

データマネジメントにより
保全業務を最適化

トータル保全ソリューションとは?

トータル保全ソリューションとは、データに基づいて異常兆候を検知しトラブルを未然に防ぐ「予知保全」、稼働時間や使用回数のデータ管理により計画的な保全を実現する「予防保全」、履歴データ活用で、設備の早期復旧と共に原因究明時間を削減する「事後保全」で構成され、規模(ライン・装置・機器)に関わらずお客様のあらゆるフェーズでの保全活動を支援するソリューションです。

予知保全Condition Based Maintenance


稼働データ分析から
異常兆候を検知、
トラブル発生を防止

予防保全Time Based Maintenance


稼働時間、使用回数の
データ管理によりトラブル
発生を防止

事後保全Breakdown Maintenance


履歴データ活用で、
詳細な原因究明と迅速な
復旧を実現

ページトップに戻る