超高速・高精度レーザ変位センサ

HL-C2 Seriesでは、測定分解能:0.01μm(平均4096回)を実現できる超高精度なレーザ変位センサです。34機種のセンサヘッドをラインアップしており、
様々なアプリケーションに対応できます。Ethernet対応製品HL-C21Cでは、弊社MEWTOCL、
MCプロトコル、iQss専用プロトコルに対応しており、上位機器との接続も簡単に行なえます。
パナソニックデバイスSUNX株式会社
更新日:2017/05/25

対応カテゴリ

強み・差別化ポイント

測定距離・範囲が異なる34機種のセンサヘッドをラインアップしており、様々なアプリケーションに対応できます。

価格

製品紹介URL

http://www3.panasonic.biz/ac/j/fasys/measurement/measurement/hl-c2/index.jsp

三菱FA製品との連携特長

三菱電機社製のiQSSに対応しており、Ethernet対応HL-C21Cは、iQSS対応のツールソフトから、
レーザ変位センサの各種設定変更、現在値読み出しが可能です。

販売開始年月

2013年 6月 ※Ether対応コントローラ発売月

データ分析

データ分析S/W:無

生産現場向けデータ分析の有無:無

データサイエンティストの人数:0人

備考

三菱電機FA機器連携

iQSS Ethernet

業種

自動車(自動車部品) 半導体・デバイス(FPD、タッチパネル) タイヤ・ゴム(タイヤ) 一般機械製造(実装機、自動機) その他製造(スマホ、タブレット、家電品等)

機器:センサ

変位センサ

地域:日本

北海道 東北 関越 関東(東京・千葉・茨城) 神奈川 中部 北陸 関西 中国 四国 九州・沖縄

地域:海外

中国 韓国 台湾 インド インドネシア フィリピン タイ ベトナム シンガポール アジア(その他) 北米 中南米 欧州・ロシア

サービスのイメージ図

三菱FA製品との連携イメージ図