ここから本文

三菱液晶テレビテキスト版

DIATONE

  • こだわり抜いた音 Premium Sound
  • 音のある空間 Scene
  • 音の響き Technology
  • ダイヤトーン「魂」 DIATONE Spirit
  • 信号補間技術
  • 重低音再現技術
  • 音質劣化補正技術

重低音再現技術

小さなスピーカーで、重低音を再現する技術。

薄型液晶テレビで重低音という難問

音の臨場感を演出する上で、迫力ある重低音は非常に重要な役割を果たします。しかし、薄型液晶テレビには、重低音を出すために必要な大口径のウーハーを載せるスペースは確保できません。この難問を、三菱電機は先進のデジタル信号処理技術と人間の耳の生理学的、心理学的特性を組み合わせた新技術で解決しました。それがDIATONE BASSです。

薄型液晶テレビで重低音という難問

人間の耳の特性を活かす

人間の耳には、倍音成分から基本周波数を推定するという特性があります。例えば、780Hz、1040Hz、1300Hzという周波数成分を持つ複合音を聴くと、基本周波数としてこれらの最大公約数である260Hzの音高が知覚されます。DIATONE BASSは、この特性を最大限に活用。小口径のスピーカーが発する倍音成分を適切に処理することで、あたかも大口径のウーハーが発したような重低音を再構成することができるのです。

中世ヨーロッパのパイプオルガンの一部にも、人間の耳のこの特性が活かされた機構があります。迫力のある重低音を求め続ける人々の変わらぬ思いを、DIATONE BASSは、テレビに搭載された小さなスピーカーで実現しています。

人間の耳の特性を活かす