ここから本文

三菱液晶テレビ

テキスト版

ブルーレイ&ハードディスク内蔵だから録画も再生もテレビ1台で簡単に楽しめます。

ブルーレイレコーダー内蔵

ブルーレイレコーダーをまるごとテレビに内蔵。レコーダーの起動を待ったり、入力切換をする煩わしさがなくなります。リモコン一つで、すばやく録画、再生、ダビングが楽しめます。

ブルーレイやDVD、CDまでさまざまなディスクを気軽に楽しめます。

  • ハードディスクからブルーレイやDVDへのダビングもカンタン
  • ブルーレイディスクに直接録画も可能

家族みんなでたっぷり録画できます。

  • 500GBの大容量ハードディスク内蔵で、最大約540時間録画可能

フルハイビジョンで1080時間録画! 12倍※1 長時間録画 フルハイビジョン録画時(AEモード) ※DVDにはダビングのみ可能。

  • ※1 12倍とは、HDD、ブルーレイディスク™に、BS・110度CSデジタル放送のハイビジョン映像(約24Mbps)を、AEモード(12倍:約2.0Mbps)で録画した場合の録画時間の比率。
  • 画質が劣化する場合がありますが、デジタル放送の放送フォーマット(ハイビジョン放送の場合、水平1920×垂直1080画素)で録画します。
  • スポーツ、音楽ライブ番組など、動きや明るさの変化が激しい番組を長時間録画モードで録画する場合、ブロックやモスキート状のノイズが目立つことがあります。
  • ※2 片面2層(50GB)ブルーレイディスク™にAEモードで録画時。カートリッジ付きのBD-RE(Ver.1.0)は使用できません。
  • *AVCREC規格とはレコーダーで放送波をDVDに記録する用途に策定された規格です。AVCREC規格で記録されたディスクはAVCREC対応機種でしか再生できません。

3チューナー搭載 (2番組同時録画)

2番組同時録画中も、他のチャンネルを視聴可能。

同じ放送時間の2番組を同時録画しながら、さらに他のチャンネルをご覧いただけます。また、長時間モードの2番組同時録画も、録画後の自動変換により可能です。

※3番組同時録画はできません。

2番組同時録画中でも裏番組視聴可能

外付けハードディスク(別売)対応

自動ムーブで容量を気にせずグット楽容量アップ。

本体ハードディスクの残り容量が少なくなると、録画された番組を外付けハードディスクへ自動ムーブ。ハードディスクの容量を気にせず、いつもと同じ録画方法で迷うことなく録画が楽しめます。

接続確認済みのUSBハードディスク

最大8台まで登録可能! 容量が少なくなると自動でムーブ

  • 外付けHDDへの直接録画は出来ません。

外付けハードディスクに関するご注意

  • 外付けHDDへの直接録画はできません。本体HDDに録画したものを移動して保存します。(外付けHDDに移動できない番組もあります。)
  • 本機で外付けHDDに保存した番組は、本機でしか再生できません。(同一形名の当社モデルでも利用できません。)
  • 本機に接続できるHDDは1台だけです。2台以上の外付けHDDを同時に接続して使用することはできません。登録は8台まで可能です。
  • 本機と外付けHDDは、直接接続してください。USBハブ経由では使用できません。
  • USB2.0コネクターを持ち、USBマスストレージクラスで、容量160GB~2TBまでの外付けHDDだけです。
  • 登録すると、外付けHDDが初期化され、外付けHDDの内容はすべて消去されます。本機以外(同一形名の当社モデルを含む)で使用した外付けHDDを本機に登録する場合も、同様に外付けHDDの内容がすべて消去されます。
  • 初期化で消去された内容は、元には戻せません。
  • 外付けHDDの初期化中や動作中は、外付けHDDの電源を切ったり、本機や外付けHDDの電源コードやUSBケーブルを抜かないでください。本体HDD/外付けHDD/ディスクの録画内容が損失したり、故障する恐れがあります。
  • 番組自動移動は、本体HDDの残量が約12時間(地上デジタル放送を録画モードDRで録画時)以下になったときに実行されます。(外付けHDDに自動移動できない番組もあります。)
  • 本機修理に伴い、本体や外付けHDDに記録されているデータの読み出しができなくなり、初期化が必要になる場合がありますが、これらに関して当社は責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。また、何らかの不具合で登録・編集されなかった場合の内容の補償、保存・編集されたデータの損失に関する直接・間接の損害につきましても、当社は責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

グット楽リモコンで簡単操作

ハードディスク録画もブルーレイ™へのダビングも、リモコンひとつで出来ます。

大きくわかりやすい文字とボタンで使いやすい! 軽量約100gで扱いやすい!シートボタン方式で水滴も汚れもふきとりやすい!

番組予約

電子番組表で録画予約も簡単です。

1:[予約]ボタンで、電子番組表※を表示。2:番組を選び、[決定]で録画予約完了。 予約した番組には「予」マークが表示されます。

一発録画

見ている番組をすぐ録画できます。

番組視聴中にリモコンの[一発録画]ボタンを押すだけでその番組が録画できます。その番組が終了すると自動で録画を停止します。

おすすめ自動録画

お好みの番組を探し出して録画します。

録画や再生などの履歴を表示。電子番組表の情報から、お好みのジャンルやキーワードがある番組名を探し出し、自動的に録画します。

安心型 予約忘れを防げる

連続ドラマや応援しているスポーツチームの試合など、録画忘れの可能性がある番組を自動的に録画します。

発掘型 知らなかった番組に出会える

お気に入りのジャンルやキーワードがある番組名などを解析。おすすめの番組を探し出し、自動的に録画します。

フリーワード検索

お好きなキーワードで検索して録画します。

リモコンで「グルメ」や「旅行」などのフリーワードを入力すれば、関連する番組を検索して表示。お好みの番組を見つけて録画予約できます。

「スカパー!プレミアムサービスLink」(録画)対応

スカパー!プレミアムサービスも番組表から簡単録画できます。

チューナーの番組表から簡単に録画予約することができ、ハードディスクに録画したハイビジョン番組をブルーレイディスク™にダビングやムーブして残すこともできます。

  • 「スカパー!プレミアムサービスLink」の録画にはスカパー!プレミアムサービス対応チューナーと視聴契約が必要です。

スカパー!プレミアムサービスのハイビジョンチャンネルの録画可能時間目安:約120時間

通常の液晶テレビはチューナーにブルーレイディスクレコーダーを接続してさらにテレビに接続

  • スカパー!プレミアムサービスのハイビジョンチャンネルのみ録画する場合の録画可能時間目安です。録画時間を保証するものではありません。
  • 録画可能時間は録画する番組により異なります。(約65時間~約150時間)
  • 録画可能時間の残量を表示する場合、表示の残量と実際の残量は、異なる場合があります。
  • 「スカパー!プレミアムサービスLink」録画可能時間目安につきましては、スカパー!公式サイト http://sptvhd.jp/rokuga をご確認下さい。

「スカパー!プレミアムサービスLink」録画に関する詳細はこちら

番組再生

録画した番組の再生も驚くほど簡単です。

1:[見る]ボタンで、録画一覧を表示。ディスクが挿入されている場合は、録画一覧の前に[録画した番組を見る]と[ブルーレイ™/DVDを見る]を選択する画面が表示されます。2:番組を選び[決定]で再生開始。

見どころ再生(スポーツ/音楽) ※HDDのみ

盛り上がったシーンだけを自動再生します。

スポーツ中継の得点シーンなど、録画した番組の見どころを自動で再生。音楽番組は、トークを自動で飛ばして歌や演奏シーンだけを再生することができます。

[見どころ再生(スポーツ/音楽)について]

番組や録画状況によっては記録できない場合や番組の内容により、正しく再生されなかったり、再生部分が多少ずれたりすることがあります。外部入力からの録画にも対応。録画中の番組は見どころ再生ができません。編集で部分削除や分割した場合は、見どころ再生できません。

  • 機能紹介画面、タイトルはイメージです。

シーン検索 ※HDDのみ

見たいシーンを画像で探せます。

ニュースやバラエティーなどの見たいシーンを再生しながら画像で簡単に探すことができます。

[シーン検索について]

番組や録画状況によってはシーン検索ができない場合があります。シーン検索の場面(シーン)の代わりに"番組"と表示されることがあります。シーンの映像と再生の位置は多少ズレることがあります。録画中の番組はシーン検索ができません。編集で部分削除や分割した番組は、シーン検索ができません。

ダビング

残すボタンでダビングもらく楽です。

1:記録可能なディスクを入れ、[残す]ボタンで一覧を表示し、ダビングしたい番組を[緑]ボタンで登録して[決定]。2:ダビングする番組を確認画面で確認して[決定]。3:録画容量に応じて自動的におすすめの画質やフォーマットが表示されるので、確認して[決定]ボタンでダビング開始。

ブルーレイ再生/録画/ダビング

映画ソフトも音楽も、大切な映像のダビングも。

ビデオカメラなどの映像を大画面で楽しめて、もちろんディスクにも残せます。

※SDカードに記録されたAVCHD形式の動画及びUSBケーブルから接続されたAVCHD形式の動画は、直接再生することができません。HDDにダビングしてから再生してください。再生時の画質は、動画記録時に設定した画質に準拠します。すべてのハイビジョンカメラとの接続を保証するものではありません。

BDXL™対応ムーブバック

ダビングした番組を再び編集できます。

一度ブルーレイディスク™にダビングした番組をハードディスクへ再び戻して編集できます。複数のディスクを大容量のBDXL™ディスクにまとめ直すことも可能です。

  • ※ファイナライズされていないBD-R/BD-REのみ可能です。
  • ※DVDからのムーブバックはできません。
  • ※ムーブバックしたデジタル放送の番組は著作権保護のため削除されますのでご注意ください。
  • ※BD-Rの場合、HDDにムーブバックしても、ディスク記録可能容量が増えることはありません。

ハードディスク内録画モード変換

ハードディスクの空き容量を節約できます。

ハードディスクに録画した番組の録画モードを変換することができ、空き容量を節約できます。

※DRモードで録画した番組にのみ対応しています。また、AF/AN/AEモードにのみ変換することが可能です。