HXVシリーズ

HXVシリーズ

充実の清潔機能付き。AIを搭載した暖房強化プレミアムモデル。

 

●写真、イラストはすべてイメージです。
●画面の色は実際の製品色とは異なる場合があります。

清潔

汚れにくくてお掃除しやすい。
家族にうれしい清潔がつづく。

 

フィルターおそうじメカ

エアフィルターは、自動のおそうじメカでいつも清潔※1に。

エアフィルターを巻き取りながらブラシで汚れをかき取る (往復)方式なので、お掃除がはやくて、静か※2
ダストボックスも約10年相当※3で大容量。

※1:使用環境により汚れの程度が異なりますので、定期的なお手入れをおすすめします。キッチンなどの油汚れやタバコのヤニ汚れが気になるときは、お手入れをしてください。なお、エアフィルターには、若干ホコリなどの汚れが残ることがあります。

※2:43dB:音響パワーレベル/23dB:音圧レベル。

※3:年間約2gのホコリがエアフィルターに付着した場合(当社調べ)。

よごれんボディ​​​

エアコン内部にホコリも、油も付きにくいから、汚れにくくて、カビにくい。
エアフィルターをすり抜けた微細な汚れは放っておくと内部にたまってしまいます。
さらには電気代の増加にもつながります。
霧ヶ峰なら、エアコン内部の気流の通り道に、ホコリにも油にも強い特殊仕様を施しているので
汚れやすいポイントへの付着を抑制します。

FZシリーズを例に
説明しています。

※4:樹脂(部品)において。ハイブリッドナノコーティング 試験機関:一般財団法人 ボーケン品質評価機構。防カビ剤ポジティブリスト:JP0501014A0002O。防カビ加工部位、方法:通風路、塗装。試験番号:20220009145-1号。デュアルバリアマテリアル 試験機関:一般財団法人 カケンテストセンター。防カビ剤ポジティブリスト:JP0501004A0003O。防カビ加工部位、方法:上下フラップ・左右フラップ、練り込み。試験番号:OS-19-058713-3、4。試験方法:JIS Z 2911(SIAA指定法にて実施)。試験結果:防カビ加工ありなしで4週間後のカビ発育抑制効果を確認。防カビ加工はカビを死滅させるものではありません。使用条件によってはカビが発生する場合があります。SIAAの安全性基準に適合しています。

おまかせボディ

運転中は自動で洗浄、運転が止まった後もオゾンと加熱乾燥でカビからガード。

使用環境により効果が得られない
場合があります。

付着してしまったカビ菌による汚れを取り除く機能ではありません。

わずかにオゾンが発生※5するため、ニオイを感じることがあります。

エアコン内部を乾燥させるため、最大 10 分間の弱暖房運転を行います。そのため、室温が2 ~ 3℃上がることや、室内湿度が上がることがあります(「冷房」/「除湿」 /「 ランドリー」運転後。

※5:エアコン内部のオゾン濃度0.1ppm 未満。

※6:試験機関:一般財団法人 北里環境科学センター 試験番号 北生発 21-0056号 黒カビを植えつけた試験片をエアコン内部に設置して、実機にて28日間冷房運転を断続的に実施。「カビクリーンシャワー」の有無によりカビ胞子数の差異を測定。99%以上の低減率を確認。

カビガード(「カビガード」設定時)

室温・室内湿度からカビ菌の発生しやすい状況を予測。運転停止中でも、効果的なタイミングで、自動で「カビクリーンシャワー」をします。エアコンを使わないオフシーズンでも安心です。

スタート脱臭(「内部クリーン」設定時)

運転を開始したときに、エアコン内部に付着したいやなニオイを抑制します(オゾンの力も利用します)。

はずせるボディ

前面パネルやフラップなどを取り外してお手入れできます。
さらに、左右風向フラップの開閉が可能なので、通風路の中まで手が届いてファンのお掃除もかんたん。

はずせるフィルターおそうじメカ

「フィルターおそうじメカ」を取り外せる構造により、熱交換器を露出させてお掃除できます。
また、エアフィルターのお手入れもらくらく。

エアコンのお手入れで高所に上がる場合は、安全に十分ご注意ください。

ピュアミスト

電気を帯びた水のミストがお部屋の空気をキレイに。

※7・ウイルス※8・カビ菌※9・花粉※10も制御して脱臭。
(25m³密閉空間での試験結果。〈菌:9.5時間後、ウイルス:170分後、カビ菌:3時間後、花粉:3時間後〉。実使用空間での実証結果ではありません)

エアコンの中で空気中の水分に高電圧をかけて、電気を帯びたミスト(水粒子)にして放出。このミストが長時間(10分以上)浮遊し、菌※7・ウイルス※8・カビ菌※9・花粉※10に付着。活動を抑制したり、ニオイを分解します。

※7:試験機関:一般財団法人 日本食品分析センター。試験方法:25m³ の密閉空間に菌を噴霧し、エアコンを稼働しながら「ピュアミスト」を放出。一定時間後に試験空間内の空気を回収し、空間中の浮遊菌数を測定。試験番号:17062188 号。対象:浮遊した菌。試験結果:9.5 時間後の浮遊菌回収率は「ピュアミスト」を放出しない場合に比べ、99% 以上低減、1 種類の菌にて試験を実施。

※8:試験機関:独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター 臨床研究部ウイルスセンター。試験方法:25m³ の密閉空間にウイルスを噴霧し、エアコンを稼働しながら「ピュアミスト」を放出。一定時間後に試験空間内の空気を回収し、空間中のウイルスをプラーク法で測定。 試験番号:仙医ウ29 - 001 号。対象:浮遊したウイルス。試験結果:170 分後のウイルス回収率は、「ピュアミスト」を放出しない場合に比べ、99%以上低減、1 種類の ウイルスにて試験を実施。

※9:試験機関:一般財団法人 日本食品分析センター。試験方法:25m³ の密閉空間に菌を噴霧し、エアコンを稼働しながら「ピュアミスト」を放出。一定時間後に試験空間内の空気を回収し、空間中の浮遊菌数を測定。試験番号:17062188 号。対象:浮遊したカビ。試験結果:3 時間後の浮遊菌回収率は、「ピュアミスト」を放出しない場合に比べ、99%以上低減、1 種類のカビにて試験を実施。

※10:試験機関:一般財団法人 日本食品分析センター。試験方法:25m³ の密閉空間に花粉を噴霧し、エアコンを稼働しながら「ピュアミスト」を放出。一定時間後に試験空間内の空気を回収し、SPR 法にて空間中のアレルゲン濃度を測定。試験番号:17062188 号。対象:浮遊した花粉。試験結果:3 時間後のアレルゲン濃度は「ピュアミスト」を放出しない場合に比べ95%以上低減、1 種類の花粉にて試験を実施。

ナノレベルのミストが、肌※11や髪※12をしっかり保湿。

非常に細かいミストが肌の角層や髪に浸透し、潤いを届けます。

(当社独自の条件にて評価。効果は、環境〈室温・室内湿度・使用時間〉、個人により異なります。室内湿度を上げる機能ではありません)

※11:当社環境試験室(8畳)において、室温23°C・室内湿度40%、東北大学大学院医学系研究科 皮膚科学講座 菊地克子先生監修の下、送風運転時の風をあてた場合と、風をよけて「ピュアミスト」を放出した場合を比較。運転30分後の前腕部水分量変化率(20~40代の女性14名の平均値)。

※12:試験方法:当社環境試験室(8畳)において、室温24°C・室内湿度40%。毛髪束をエアコンから3mの場所につるして、「ピュアミスト」を2時間放出後に測定、うねりがないことを確認(当社調べ)。

PM2.5への対応

「帯電ミクロフィルター」で、PM2.5や花粉をキャッチ。目に見えない清潔にもこだわる。

PM2.5とは、2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。本エアコンで、0.3~2.5μmの粒子を約50%キャッチ。28m³の試験空間での60分後の効果(当社調べ)。換気などによる屋外からの新たな粒子の侵入は想定されていません。0.3μm未満の微小粒子状物質は、除去未確認。また、空気中の有害物質をすべて除去できるものではありません。

こちらもおすすめ

ページトップに戻る