三菱ジャー炊飯器

特長

炭炊釜

炭炊釜

内釜の厚さが4.0mmに進化した、熱伝導性の良好な5層構造の金属釜で、大火力を実現。熱がより均一に伝わりやすくなり、粒立ちのよい炊き上がりになりました。さらに、ダブル備長炭コートによる 「炭」の力で、ごはんをふっくら炊き上げます。

<イメージ図>

よりムラの少ない炊き上がりになり、おいしくなりました。

2018年度製NJ-VX109とNJ-VXA10の炊きムラ改善比較。白米5.5合(白米 ふつうモード)。英弘精機株式会社製テクスチャアナライザによるご飯のかたさ測定。内釜内9箇所測定時のデータ(標準偏差)の比較。:NJ-VX109(33.2N)、NJ-VXA10(24.1N)(当社調べ)

胴周り炭コートと遠赤放熱板

胴周り、放熱板を炭コートすることで、ごはん全体を包み込むように遠赤外線を放射します。
ページトップに戻る