ここから本文

シティマルチS 製品特長

  • P160形のみ

1~9台※1までの室内ユニットに対応。

最大9台※1の室内ユニットを個別運転。 室内ユニットの合計容量が、室外ユニット容量の50%~130%なら、最小P22形(2.2kW)からP160形(16.0kW)まで、どの室内ユニットでも接続可能。小規模オフィス 店舗+住宅などのマルチニーズにもフレキシブルに対応します。

■室内ユニット接続台数

室外ユニット P80形 P112形※2 P140形※2 ※3 P160形※2
室内ユニット 1~4台 1~6台 1~8台 1~9台
  • ※1P160形のみ。
  • ※2室温サーモ形給気処理ユニット 天井埋込形との接続は、室外ユニット同容量以下で1:1でのみ可能です。
  • ※3大容量加湿器一体形外気処理エアコン(GE-P・MG6)との接続は、室外ユニット同容量で1:1でのみ可能です。

ページトップに戻る

単相機種のラインアップが充実。

単相機種P80~P140形をラインアップ。単相電源のまま、個別運転へリニューアルできます。

(お悩み)個別運転に切り替えたいけど、うちの店には三相電源が通ってない… (シティマルチSなら)単相電源のままご利用いただけるため、三相電源工事は不要です!!

既設配管を再利用して洗浄レスでスピード工事。

[従来]天井・壁をはがし配管入替え工事が必要 [シティマルチS]天井をはがすことなく入替え工事可能

入替工事の際に、旧冷媒(R22)の配管を洗浄レスでそのまま利用できます。新規に配管を敷設する場合に比べ、天井をはがすといった大がかりな作業が必要ありません。

ページトップに戻る

多彩な霜取制御で霜取運転による肌寒さを軽減

室温低下を抑える暖房プレヒート。

霜取運転前にあらかじめ室温を上げることで、霜取運転中の室温低下を抑制し、心地よい暖かさを保ちます。

*室温・外気温が低い場合には、機能しない場合があります。

停止後霜取りで、翌朝も快調な暖房立ち上がり。

暖房運転停止後、室外ユニットの熱交換器に霜が付いてしまうと、翌朝暖房運転開始直後に霜取運転に入ってしまい、立ち上がりが遅く感じてしまうことも…。シティマルチSなら、暖房運転停止後にあらかじめ除霜することで、翌朝も快調な暖房立ち上がりを実現します。

運転停止後にあらかじめ除霜運転する事により、翌朝、快調な暖房立ち上がりを実現

ページトップに戻る

空調機の消費電力量をかんたん管理。

室外ユニットで消費電力量を演算し、その推移を空調冷熱総合管理システム<AE-200J>で時系列に表示可能。お客様ご自身で空調機の消費電力量をかんたんに管理できます。
また、従来必要だった電力量計の計装工事が不要になり、省施工・省コストに貢献します。

消費電力量を室外ユニットで演算
  • あくまで目安値となります。そのため、電力量課金やデマンド管理には使用できません。

ページトップに戻る

導入のメリット

  • メリット1.室外ユニット1台だけで対応できるので、省スペースに設置可能。
  • メリット2.個別運転で、店内や事務所のレイアウト変更にも柔軟に対応。
  • メリット3.単相機種もP80~P140形をラインアップ。動力をひく必要がありません。
  • メリット4.既設配管が流用可能なので、大掛かりな工事が必要なく、短工期で入替えが可能。

納入事例

シティマルチSの納入事例一覧