ここから本文

ズバ暖マルチS(寒冷地用) 製品特長

寒さが厳しい地域でも、快適な暖房を実現。

寒冷地の冬に負けない、強力な暖房パワー

業界唯一フラッシュインジェクション回路をズバ暖マルチSに搭載。外気温-15℃の環境下でも定格と同等の能力をキープ。暖房能力が飛躍的に向上しました

  • 2021年2月時点(当社調べ)。着霜を考慮しない場合の能力です。
ズバ暖マルチS 従来マルチSとの比較 外気温-15℃の環境下でP112形では暖房能力が約20%アップ
ズバ暖マルチSは-25℃まで運転範囲を拡大 *外気温-15℃まで定格同等の能力をキープします。

外気温-25℃まで対応

標準機種(シティマルチS)は-20℃までの暖房運転可能範囲を-25℃まで拡大。より幅広い地域で、安定した暖房が可能になりました。

  • -20℃以下でお使いの場合は元電源を切らないでください。

ページトップに戻る

多彩な霜取制御で霜取運転による肌寒さを軽減。

最大10時間の連続暖房を実現

木霜量が少ない場合、霜取運転が必要ない場合でも、霜取運転を行う場合がありました。スバ暖スリムなら、不要な霜取運転を防いで、暖かさを保ちます。

  • 外気温-15℃での最大運転時間。外気温度条件により、連続運転時間は異なります。
室温推移イメージ あらかじめ、霜取運転前に室温をあげる暖房プレヒートにより、霜取運転中でもかしこく暖かさをキープ!

暖房プレヒート

霜取運転前にあらかじめ室温を上げる「暖房プレヒート」を搭載。霜取運転中の室温低下を抑制し、心地よい暖かさを保ちます。

  • 室温・外気温が低い場合には、機能しない場合があります。

停止後霜取り

暖房運転停止後、室外ユニットの熱交換器に霜が付いてしまうと、翌朝暖房運転開始直後に霜取運転に入ってしまい、立ち上がりが遅く感じてしまうことも…。ズバ暖マルチSなら、暖房運転停止後にあらかじめ除霜することで、翌朝も快調な暖房立ち上がりを実現します。

運転停止後にあらかじめ除霜運転する事により、翌朝、快調な暖房立ち上がりを実現

霜取りスケジュール機能

空調冷熱総合管理システム<AE200-J>と連携し、強制霜取り運転をスケジュールで設定可能。在室中の霜取運転の回数削減に貢献します。

始業前、昼休み中、夜間に霜取運転を設定した例

ページトップに戻る

外気処理エアコン接続に対応。

外気吸込温度-10℃までの運転に対応。新鮮外気を供給し、空気をきれいに保ちたいお客様におススメです。

室温サーモ形 給気処理ユニット 天井埋込形

PEFY-P・MG7-F※1(受注生産品)

大容量加湿器一体形 外気処理エアコン

GE-P・MG7※1(受注生産品)

■換気関連機器

業務用ロスナイ(天井埋込形加熱加湿付直膨タイプ)

LGH-N・RDFシリーズ※2(受注生産品)

設備用ロスナイ(床置ビルトイン形加熱加湿付直膨タイプ)

LB-DFシリーズ※2(受注生産品)

  • ※1外気処理エアコンとの接続は、室外ユニット同容量以下で1:1でのみ可能です。
  • ※2ジーニアスリモコン(PGL-62DR)、ロスナイコンパクトリモコン(PZ-N43SMF2)は接続できません。

ページトップに戻る

空調機の消費電力量をかんたん管理。

室外ユニットで消費電力量を演算し、その推移を空調冷熱総合管理システム<AE200-J>で時系列に表示可能。お客様ご自身で空調機の消費電力量をかんたんに管理できます。
また、従来必要だった電力量計の計装工事が不要になり、省施工・省コストに貢献します。

消費電力量を室外ユニットで演算
  • あくまで目安値となります。そのため、電力量課金やデマンド管理には使用できません。

ページトップに戻る

導入のメリット

  • メリット1.心強い高暖房能力で、寒冷地の冬でも快適な暖房に。
  • メリット2.室外ユニット1台だけで対応できるので、省スペースに設置可能。
  • メリット3.多彩な霜取り機能で、暖房中の霜取運転による肌寒さを軽減。

納入事例

富士ホテル 様(外観写真)

■ズバ暖の高暖房で“おもてなし”

富士ホテル 様(北海道十勝)

納入事例

ズバ暖マルチS(寒冷地用)の納入事例一覧