ここから本文

4か国語切り替えで、インバウンドのお客様へきめ細やかにご案内

指宿ベイヒルズ HOTEL&SPA 様(鹿児島県指宿市)

指宿ベイヒルズ HOTEL&SPA 様(鹿児島県指宿市)

鹿児島県・指宿(いぶすき)市。東京タワーとほぼ同じ330メートルの高さに位置する「指宿ベイヒルズ HOTEL&SPA」。その標高から望む、錦江湾と指宿の街並みの圧倒的な眺望と、1階から3階までの広々とした吹き抜けが、非日常としての心地よい空間を演出しています。インバウンドのご利用が多い広大なホテルのロビーに、多言語対応の案内版として「カンタンサイネージ」をご導入いただいています。

""

海外からのお客様に対応したホテル案内を用意 

""

エグゼクティブスウィートの案内画面(中国語)

""

最初に足を運ぶロビーにカンタンサイネージを設置

納入時期

2017年08月

導入前の悩み

インバウンド利用客の増加による多言語案内が課題でした

ホテル全体として、団体のお客様が多くなったのもありますが、特にインバウンド(=海外から)のお客様が団体で来られるケースが多くなっていました。ホテルでは約3割を占める大切なお客様です。最適なお迎えを考えていくにあたり、多言語の対応をもっと強くしていく必要がありました。その際、インバウンド対策として国の補助金(助成金)の申請ができるということをお声がけいただき、導入のよいきっかけとなりました。

""
「歓迎看板」としてロビーでお客様をどのようにお迎えするか

地下1階に入口があり、エレベーターを使ってロビーまで上がっていただく特殊な構造ということもあって、ロビーでお客様をどのようにお迎えするかが考えるべき点でした。もともと「●●御一行様」といういわゆる「歓迎看板」がなく、インバウンドの方向けの歓迎看板をカタカナやアルファベットで手書きしたり、筆で書くのも大変だと思っていました。その観点から、電子版の歓迎看板として「カンタンサイネージ」は最適でした。

""

導入後の効果

遠くからでも目を引く大画面、4か国語対応の案内でお客様を誘導

お客様が最初にお越しになるロビーに、ホテル全体の案内板として設置しました。表示コンテンツは4か国語(日本語・中国語・韓国語・英語)でそれぞれ準備し、「市販のUSB対応の押しボタン」をカンタンサイネージと接続し、簡単に切り替えられるようにしました。更に、カンタンサイネージのテロップ機能を使って、4か国語に切替え可能である説明を表示しています。65インチという大型のサイネージなのでインパクトがあり、遠くからでも目につきやすいです。

""
記念写真のスポットとしてもお楽しみいただいています

前述の「歓迎看板」の話ですが、インバウンドのお客様がいらっしゃると、みなさんでサイネージの前で写真を撮られることが多く、ホテルの記念写真スポットとしてもお楽しみいただけていると思います。また、サイネージを移動させて案内したい会場の前で活用したり、ホテル内の様々なサービスのプランの案内を、写真と合わせて表示したり、それを4か国語対応にしたりと、多目的に活用できて便利に使っています。

""

今後の活用に向けて

紙のパンフレットと合わせ、サイネージでもスピーディーにご案内

ホテル内のご案内として、お客様には紙のパンフレットをお渡ししています。ただ、文字が多かったり、かさばったりすると、常に持ち歩いてもらうのは難しいですね。ですから、様々な動線の真ん中にあるロビーでのサイネージが、案内として役に立つのだと思います。また、パワーポイントの使い方を知らなかった私でも、表示スライドを作るのが簡単にできるため、スピーディーにサイネージに反映できて本当に助かっています。

インタラクティブ運用の詳細はこちら

""

お客様の声

指宿ベイヒルズ HOTEL&SPA 山下 様

小さなモニターをいろんな場所に置いてお客様に気づいてもらう方法もあると思います。ただ、台数を増やすと負担も増えるので簡単には変えられないですよね。私達は、一番大きなサイズを目立つ場所に置く導入をしました。結果、案内が目立ちやすく、多言語・多目的に使えて非常に助かりました。今ではレストラン部門やスパ部門から表示してほしい内容の要望が来るなど、より効果的なプロモーションを考えられるようになりました。

""

インタラクティブ運用の納入事例一覧へ

納入事例