受章者

黄綬褒章
  三菱電機株式会社 系統変電システム製作所
   開閉機器製造部 品質管理課 ワークリーダー 山田 雅巳(57歳)

受章の経緯

発電所や変電所に設置されるGISやGCBの圧力容器は、円筒形で円周溶接部が多く、その溶接作業には高い効率性と安定した溶接品質が求められます。
 当社の山田 雅巳は、長年にわたり圧力容器の板金溶接作業や検査業務に従事し、技能の研鑽に精励することで、当社製品の生産性と品質の向上に努めてきました。また、製造現場への溶接ロボットの導入に当たっては、自らの幅広い板金溶接の技能と知見をロボットの動作や条件設定に活用することで、多くの考案と改善を行い、高効率で高品質な溶接作業の自動化を実現しました。この他、発電プラントの建設において、発電機と主変圧器をつなぐ重要な相分離母線の溶接作業を担当するなど、安定した電力供給網の構築に国内外で貢献し、さらには、国内外で後継技能者への指導・育成にも尽力し、熱意溢れる行動力と卓越した指導力で大きな成果を挙げました。
 これらの功績が顕著で人々の模範たりうると評価され、令和3年度春の黄綬褒章を受章する運びとなりました。

受章者の略歴

1963年生まれ 福岡県出身
1979年4月 三菱電機株式会社 伊丹製作所入社
1981年3月 伊丹製作所にて電機機器部品加工の板金溶接作業に従事
2002年10月 ティーエム・ティーアンドディー株式会社 出向
検査業務、後継技能者への検査方法と溶接技能の指導に従事
2005年5月 三菱電機株式会社 系統変電システム製作所 復職
現在に至る(兵庫県三田市在住)