中津川製作所中津川製作所

製作所

中津川製作所

風と空気と水のテクノロジーで
環境貢献製品を独創

概要

“風の中津川”と呼ばれて

中津川製作所は、送風技術を駆使した換気扇及び業務用・産業用送風機事業の成功から、“風の中津川”と呼ばれてきた。世界7ヶ国で基本特許を取得した全熱交換形換気扇「ロスナイ」、ハンドドライヤー市場に革命を起こした「ジェットタオル」など、それまで市場に存在しなかったユニークな製品を生み出し、多くが今も国内トップクラスのシェアを占めるなど、理想的なビジネス形態を維持。熱・流体・燃焼・送風・空調・制御など様々な技術領域で、深く幅広いノウハウを蓄積したことが、新たな市場を開拓する気風を生み、イノベーションを実現する原動力となっている。

3つの技術分野をベースに多様なニーズに対応

中津川製作所は3つのキーワード「風・空気・水」をベースとして、それぞれのテクノロジーを活かした商品群を展開中。住宅用では、2014年から発売となったエネルギー管理システム(HEMS)事業において、換気送風機及び冷温水システムを担当。業務用では、オフィスビルや商業施設などの民間施設から、学校や病院などの公共施設まで幅広く活躍しているロスナイやジェットタオルなどを展開。様々なシーンでの省エネ化や快適性の向上に貢献している。

業務内容

換気扇、全熱交換形換気扇「ロスナイ」、ヒートポンプ式冷温水システム「エコヌクール」、業務用産業用換気送風機(有圧換気扇、空調用送風機、エアーカーテンなど)、ハンドドライヤー「ジェットタオル」、住宅用/喫煙用集塵・脱臭機「スモークダッシュ」

所在地
中津川製作所
中津川製作所

〒508-8666 
岐阜県中津川市駒場町1番3号

地図を見る新しいウィンドウが開きます

中津川製作所(飯田工場)

〒395-0812 
長野県飯田市松尾代田1213番地

地図を見る新しいウィンドウが開きます

ページトップへ戻る

CLOSE-UP PRODUCTS

風速98m/s※1のジェットの風が水滴を吹き飛ばす

ジェットタオル

手洗い後の濡れた手を素早く乾かす「ジェットタオル」は“両面ジェットの風”で水滴を吹き飛ばす新しい発想・方式のハンドドライヤーとして、世界で初めて当社が開発・発売し、ハンドドライヤー市場に革命をもたらした。ペーパータオルなどのゴミを出さないなど、環境への貢献や衛生性が評価され、オフィス、飲食店、コンビニエンスストア、アミューズメント施設、食品工場といった施設から、近年では大学などにも導入されている(1日300回使用しても電気代はわずか8円※1の低ランニングコストを実現)。
実際に使用する機会が多く、一般に広く親しまれている製品の一つである。今後も常に業界トップであることを目指し、乾燥性能・静音性・消費電力・衛生性・デザインを意識した製品づくりに取り組んでいく。

※1
JT-SB116KN2の場合
電気代は1ヶ月25日(乾燥時間6秒/回)の使用、常時通電(1日24時間、1ヶ月30日として算出)、電気料金目安単価27円/kWh(2018年2月現在)にて算出

関連リンク:三菱ハンドドライヤー「ジェットタオル」新しいウィンドウが開きます

風速98m/sのジェットの風が水滴を吹き飛ばすジェットタオル

“室内温度を保つ換気”で理想の省エネ

全熱交換形換気扇「ロスナイ」

優れた省エネ効果を発揮する熱交換器(ロスナイエレメント)を搭載することで、換気の際に捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用(熱回収)しながら換気ができ、約6〜8割の熱エネルギーの回収を実現。夏季・冬季の冷暖房負荷を低減し、省エネで快適な換気を実現する「ロスナイ」は、温度も湿度も交換できる和紙の特性に注目することで誕生した。1970年の発売以降、住宅や大学などの学校、オフィスビル、店舗など、様々なシーンで用途を拡大しており、40年以上経過した今も理想的な省エネを可能とする製品として、業界から高く評価されている。写真は住宅用の換気空清機「ロスナイ」。

関連リンク:換気扇・換気空清機ロスナイ新しいウィンドウが開きます

“室内温度を保つ換気”で理想の省エネ
全熱交換形換気扇「ロスナイ」

技術の融合が“世界最小※2”を生んだ

小型換気扇用コンデンサーモーター「MINIMO」

「MINIMO」の直径(モーター外郭)は、世界最小※2サイズのわずか45mm。従来品に比べ容積で約68%減、質量で73%減と、大幅な軽量・コンパクト化を実現した。これにより、「MINIMO」を搭載したパイプ用ファン(換気扇)は、従来よりも換気風量が約25%増加した一方、消費電力は約22%も低減された。モーターの性能を落とさず大幅な小型化を実現した「MINIMO」は、モーター設計・製造技術・設備開発など専門分野の異なる技術者たちが一体となって最高の製品を追求した結果であり、中津川製作所のものづくりの基本姿勢として長く受け継がれてきた“コンカレント・エンジニアリング”の成果といえる。

※2
全自動無人化生産対応コンデンサー搭載型換気扇用交流モーターにおいて。
2018年2月28日現在、当社調べ

関連リンク:換気扇・換気空清機ロスナイ新しいウィンドウが開きます

技術の融合が“世界最小”を生んだ
小型換気扇用コンデンサーモーター 「MINIMO」

羽根の3形状の最適化により低騒音化を実現

産業用有圧換気扇ダブルキューブファン

「ダブルキューブファン」は、羽根の3形状の最適化により、従来品対比で最大7dBの低騒音化を実現。市場での有圧換気扇に対する低騒音ニーズの高まりを受けて、低騒音化の技術革新を図るため、羽根から出る音の発生源を探ることから開始。様々な羽根の形状から最適な形状を抽出し、ウィングレット形状・前方反り形状・前縁波形状を組み合わせたプロペラファンを開発。また、設計者自らがコンサルト活動を行うなかで、市場要望に応えた防錆、防爆、耐熱、冷却用途などのカスタマイズ設計を推進。使用エリアや用途に合わせた多彩なバリエーションを展開し、お客様からの信頼を得ている。

関連リンク:有圧換気扇新しいウィンドウが開きます

羽根の3形状の最適化により低騒音化を実現
産業用有圧換気扇ダブルキューブファン

ページトップへ戻る

TOPICS

歴史

木曽11宿のうち、一番南にある宿場・馬籠は、全国でも珍しい、坂のある宿場町。馬籠峠から石畳の坂道に沿って600mほどの家並が続きます。文豪島崎藤村の生地で「藤村」の作品・資料を集めた記念館があります。

歴史

馬籠宿の家並

環境への取組

中津川製作所は「環境配慮型 住宅・業務用設備機器システム製作所」をめざし、省エネ・再エネ・創エネ商品の開発や、製造時の環境負荷低減に積極的に取り組んでいます。

環境への取組

中津川製作所

地域コミュニケーション活動

市や地元団体、市民が協力して行う「森のめぐみ塾」では、毎回約40名の参加者が下草刈や間伐などに約2時間汗を流します。野外教室や自然にあるものを使って遊ぶ「森のめぐみ大会」も開催。自然の大切さについて参加者の皆さんと一緒に学んでいます。

地域コミュニケーション活動

森のめぐみ塾

最寄の名所・ 観光スポットなど

恵那山は、中津川市の東南部と長野県阿智村にわたる、中央アルプス最南端の主峰。標高2,191m、日本百名山と新・花の百名山に選定されています。頂上には中津川市の花であるサラサドウダンが自生しており、6月下旬〜7月上旬が見頃。かわいらしい花を咲かせます。

最寄の名所・観光スポットなど

恵那山

ページトップへ戻る